うるしず(潤静)の口コミでアトピー性皮膚炎の子供に使用例がありますね。どんな具合でしょうか?うるしず(潤静)は無添加にとことんこだわったという保湿クリーム。それでベトつかないで、長時間たっても潤いを維持するという不思議な保湿クリームです。赤ちゃんや子どものガサガサ肌、ゴワゴワ肌、ムズムズなどの肌に塗ってどうなのか調べてみました。

 

うるしず(潤静)の愛用者の口コミ

 

 

■もちもちにびっくり

2歳の娘がアトピーなので、使ったところ、カサカサだったところがモチモチ肌になりびっくりしています!それまではお風呂上がりにすぐに保湿ローションとお薬を塗っていたのですが、いまは最初にうるしずを使っています。アトピーが治ったわけではありませんが、でもカサカサしている肌がかわいそうで、ほんすこしでも保湿ができればと思い使ったのですが、しっかりと保湿ができていているのがわかります。

 

■サッパリしているのに保湿されています

乾燥とかカユミで、いろいろしましたがなかなか改善はできません。肌が悪化すると薬を使うときもあります。なるべく使いたくないので、保湿だけでもと思い、クリームやオイルを塗るのですが、保湿はできてますが、ベタベタして、でも我慢してのですが、潤静は大丈夫です!サッパリしていて、それでいて保湿はしっかりしているし時間も長く持ちますね。おかげで乾燥しなくなり、カユミもほとんど気にならないくらいまでになりました。コスパもいいと思います。

 

■親子で愛用しています

カサカサしているところがかゆくて、かきすぎて血が出るときもありましたね。ひどいときは寝ているときにかいているで、起きたらただれていて、うるしずを使ってからそういうことがなくなりました。かきぐせの・ようなものもなくなり有難いです。わたしも乾燥と敏感肌だったので、一緒に使っています。

 

■スキンケアはこれだけでいいのがラク

子供がすぐに乾燥するので、病院でもらったお薬を一時期使用していたのですが、ベタベタするので嫌いまして、下着にペタッとするのが嫌で。なにかベタつかない保湿のモノはないか探していたところ、うるしずを見つけました。成分面で安心で、肝心のベタつきもないので嫌がらずに済んでいます。スキンケアはこれだけでいいのでラクといえばラクに。時短になるし、コスパも範囲内ですし家族そろってつかっています。

 

うるしず(潤静)はアトピー肌でも使えるの?

潤静(うるしず)は、カサカサやムズムズがある赤ちゃんから大人まで幅広い年代に使用できる新しい考え方からできた低刺激高保湿ローションです。低刺激なのに高保湿という理想的なアイテムです。

 

いちばん肌がデリケートな赤ちゃんが使えるので、乾燥肌や敏感肌の人でも使用できます。

 

気になるところは「アトピー肌」には使えるのか?気になりますね。口コミサイトを見て回る限り、アトピー肌の子どもも大人も使用している例がいくつも見受けられます。

皮膚がなんらかのトラブル状態にあるということは、皮膚のバリア機能が低下していると思いますが、そういう状態の肌に使えるというので、問題はないと思いますが、やはり相性もあります、ひとりひとり体質や肌の質も違います。医師に相談するのがいいですね。

 

不安なら、念には念をいれて、うるしずを使う前に「パッチテスト」をオススメします。これはうるしずだけに限りませんが。パッチテストって自宅でも簡単にできるのです!

 

方法は以下のとおりです、簡単です。

1.ばんそうこうに潤静を1~2滴しみこませる
2.二の腕の内側の肘からこぶしひとつほど離れた場所に貼る
3.30分後に確認→何かあれば中止
4.3で問題がなければ12時間様子を見る

バンソウコウを貼っただけでかぶれる子どももいますので、肌が特に弱い子には、そこのところを差し引いて見てあげたほうがいいですね。慎重にしたほうがいいですね。

このテストをして肌に、なにか赤みとかカユミとか異常が現れたら、使わないほうがいいですね。

 

うるしずは不要な成分を徹底的に排除!こだわって排除しています。

・防腐剤
・鉱物油
・パラベン
・シリコン
・合成香料
・石油系界面活性剤
・紫外線吸収剤
・旧表示成分
・合成着色料
・オイル

以上の成分が無添加、不使用、フリーになっています。見てもらえばわかりますが、心配なら公式サイトで全成分がチェックできますので、見ておいたほうがいいですね。

 

▼潤静でスキンケア生活をはじめるならこちら▼
新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】

子どもの肌がデリケートなわけ

子供の肌、とく赤ちゃんの肌なんてホントにデリケート、すぐに刺激をキャッチして反応が起きてしまうので、着るものから、外部の環境から、食べ物と何から何まで気を使わないといけないのでママは大変です。

たまご肌ってうらやましいなんて思っている人がいますが、それはそれでいろんな悩みを抱えている場合があります。デリケートなんですよ。デリケートなのには、ちゃんと理由があります。

1 皮膚が薄い

子どもの皮膚は、まだ成長の段階で角質層が薄いのです。これを40代以降の肌トラブルに悩む人が聞いたら羨むのでしょうね!角質層が薄くて、皮脂の分泌量が不安定なため、バリアの役割も期待できません。バリア機能もお子さま、未完成なのです。当然、刺激や乾燥にも敏感にキャッチして反応を表します。

2 乾燥しやすい

生後2,3ヶ月くらいから肌の表面の皮脂が少なくなります。バリア機能どころではありませんね、ガードが弱い状態がけっこう長く続くのです。乳児期から10歳位までは皮脂の分泌量が総じて少ないので乾燥肌だと感じることになります。長いですね。

3 汗っかき

大人と子どもの汗腺はだいたい変わりません。そうすると汗をかきやすいかどうかで差がモロにでます。汗っかきの子どもは汗が刺激になって、ひどくなったり、タオルで汗をゴシゴシふくことも皮脂を余計に落としやすくなり、乾燥肌になりやすく、刺激の影響を受けやすい肌になるという悪循環に突入する恐れがあります。

 

また何らかの外部の刺激で、ホコリとか、本人が意識しないで肌をボリボリかいたりして悪化させてしまうことも。

大人でも長湯や洗いすぎは良くないといわれています。デリケートな肌をもつ子どもに刺激性の強いソープを使わせたり、熱いお湯に長いこと浸かるのはあまりススメられません。

 

そんなデリケートな肌を守るスキンケアは大事なこと。

うるしずは0歳から使える子ども用スキンケア

完全無添加で、顔にも安心して使えるものがあればそれを選んだほうがいいですね。

 

 

こういう人におすすめです

 

・赤ちゃんのガサガサ肌、ゴワゴワ肌にいい保湿剤がみつからない

・保湿クリームはべとついて、服にくっついて子どもが嫌がる

・一日に何度も塗り直す手間が大変

 

 

11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープ 

安心の国内工場で生産 初回購入時から30日間の全額返金保証つき

 

▼安心子ども用スキンケア潤静の詳細はこちら▼
新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】