「サラサラ生活酢たまねぎ」黒酢は濃縮20倍!

サラサラ生活酢たまねぎはありそうでなさそうな、

黒酢と玉ねぎというシンプルな組み合わせ。

黒酢のほうは本場鹿児島産の有機黒酢で、

有名なツボで熟成して生産されているものです。

 

有機玄米を原料に、それもたっぷり使用して

熟成するのでほかの黒酢より多くのアミノ酸

含まれた中身の濃い黒酢が産まれます。

 

この「サラサラ生活酢たまねぎ」に使用される黒酢は

20倍の濃縮された黒酢で、中身のアミノ酸も

20倍の量が詰まっています。

 

「サラサラ生活酢たまねぎ」の玉ねぎの力って?

 

「サラサラ生活酢たまねぎ」の玉ねぎは北海道産と

兵庫県淡路島産を使用しています。

 

玉ねぎの外皮からとれるケセルチンは健康成分として

脚光を浴びているポリフェノールの1種です。

ブルーベリーを摂らなくても、

この酢玉ねぎで補うことができます。

 

 

さらに玉ねぎから取れるイヌリンという成分があります。

これは同じく健康サプリで有名になった菊芋に豊富に

含まれる成分で、食後の血糖値対策に有効な成分として

知られるようになりました。

 

さらにイヌリンは善玉菌に影響を与える

食物繊維でもあります。

腸内環境を改善して便通の改善などが

期待される成分です。

 

サラサラ生活酢たまねぎのケルセチン配糖体は115㎎と大幅に増量しています。

サラサラ生活酢たまねぎで健康と活力、腸内環境までひとつで間に合う!

▼詳しいことは公式サイトへ▼
サラサラ&スッキリ【酢たまねぎ】

ケセルチンってどういう成分?

ケセルチンですが、主に玉ねぎから採取される成分で、

外側の皮に多く含まれています。

ポリフェノールのひとつで、フラボノイドの1種でもあります。

 

強力な抗酸化作用をもっており血流の改善

動脈硬化の予防に期待されています。

 

植物は自分のカラダを活性酸素からガードするため

に自分でポリフェノールを産生します。

ですから当然植物が産生するポリフェノールには

強い抗酸化作用があらかじめあるのです。

 

ケセルチンはその中でもポリフェノールのなかでは

フラボノイドの種類に入ります。

 

フラボノイド類は簡単にいうと活性酸素を除去してくれる

が備わっているフェノール性水酸基を持っており、

さらに強力な抗酸化作用があるといわれているのです。

 

人間の体は、外部環境からの何らかのストレスや

その他の様々な要因によって、日夜、活性酸素

増えてしまいやすいように出来ています。

 

 

活性酸素がカラダの中で増えていくと、カラダの細胞や、

他の重要な働きをしないといけない物質にダメージを

負わせて、マトモな働きが出来ないようにしてしまうのです。

これがアトピーの増加や、老化や生活習慣病の原因

ひとつに考えられています。

 

ケセルチンには抗酸化作用の他に抗炎症作用があると

いわれています。花粉症などのアレルギー症状にも役立つようです。

 

これはアレルゲンがカラダに侵入して免疫細胞が

過剰に反応して抗体が作られ、いろいろあって、

ヒスタミンなどの炎症物質を産生して鼻水やかゆみ

を引き起こします。アレルギー反応です。

 

これがつらつらい花粉症と呼ばれるものです。

ヒスタミンなどのある部位に炎症を引き起こ

す物質の発生を抑制する作用がケセルチン

には期待されています。

 

もちろんカユミ、炎症とくれば、アトピー性皮膚炎

にも期待されています。

 

ケセルチンは野菜に多く含まれていて、玉ねぎの

他にはブロッコリー、アスパラガス、モロヘイヤ

と人参、じゃがいも、ネギ、白菜、などに比べる

と日常の食卓にはあまり出てこないタイプの野菜が多いのです。

 

その中でも玉ねぎはかなりポピュラーな野菜ですので、

食べる機会が多いと思いますが、それでも毎日玉ねぎ

を食べるのはちょっと大変ですね。

 

ケセルチン配糖体ってなに?

 

ケセルチンに糖が合体した化合物がケセルチン配糖体です。

国の消費者庁から体脂肪の低減効果が認められていると

いう成分です。

 

なぜ、ケセルチンそのものではなくて「ケセルチン配糖体」

が使用されているのかですが、ケセルチンそのままでは、

体内で吸収することがちょっと難しいのです。

 

そこで吸収しやすくしたのが「ケセルチン配糖体」です。

ケセルチン配糖体」は近年、いろいろな健康用サプリ

に登場しています。

 

その効果が期待できるのは脂肪対策です!

ケセルチン配糖体は脂肪の分解に特化した

ものといえます。脂肪分解酵素を活性化して、

体脂肪の分解をサポートする働きが期待されるからです。

 

脂肪は分解されないと、なかなか燃焼させれません。

塊のままではダメなのです。そこでまず脂肪を燃焼

しやすくするために、ひと手間として分解しない

といけないのです。

 

分解されれば、脂肪は燃焼しやすいくなります。

よって効率よく燃焼される形になります。

この分解するという日陰の行為を助ける

のがケセルチン配糖体というわけです。

 

縁の下の力持ちといったところでしょうか。

 

イヌリンってどういう成分?

 

イヌリンですが、これも玉ねぎに含まれています。

水溶性食物繊維で腸内環境で善玉菌をとして知ら

れている「ビフィズス菌」のエサになると言われています。

 

にんにく、ニラ、ごぼう、菊芋などに含まれています。

食べた糖質や脂質の吸収を抑制したり、カラダの中

中性脂肪が作られ過ぎるのを抑制する効果が研究

で判明しています。

 

イヌリンは体内に入ると、糖を包み込み、包み込まれた

糖は小腸にはいっても吸収されにくく、糖は吸収される

スピードが抑制されて遅く吸収されます。

 

それで、肝臓への糖の運搬速度が遅くなり、または吸収

される糖の量が少なく抑えられ、食後の急激な血糖値上昇

や中性脂肪の増加が抑えられるのです。

 

一石二鳥のすばらしい効果が期待される成分がイヌリンです。

食後の血糖値の急激な上昇抑制と中性脂肪の増加抑制なんて、

生活習慣病キラーといってもいいくらい奇跡の成分と言って

も過言ではありませんね。