プラセラ原液のスキンケアで肌はどうなるのか?プラセラ原液は馬プラセンタと馬セラミドを主成分とした製薬会社がつくったものとして有名人にファンがいることで知られています。とくに30代40代の女性芸能人に人気があることで火がついたようです。プラセラ原液のスキンケアをつかうことで、肌にどういう変化が起こるのか調べてみました。

 

プラセラ原液のスキンケアで肌はどうなるの?

プラセラ原液はトラブル肌のスキンケアに向いています。とくに乾燥肌に悩まされている人、肌荒れに悩まされている人に。

 

芸能人や有名人がおおぜいファンになっていて評判がいいのですが、年齢からくる肌の悩みやニキビやシワ、乾燥と全般的な肌のトラブルに使えます。

 

・馬プラセンタの力

・水溶性の馬プラセンタ&油溶性の馬セラミドの力

・成長因子の力

 

これら3つの力がプラセラ原液でスキンケアをする際に働いてくれる重要な成分です。

プラセラ原液の一番重要な成分が、馬プラセンタで、これは北海道産のサラブレッドの貴重な胎盤から抽出したものを採用しています。このサラブレッドも検査をして厳選した馬のものです。

 

プラセンタというと美容成分ですが、抽出元は豚と馬と羊など各動物が選ばれるのですが、そのなかで一番安全だと言われているのが馬由来のプラセンタになります。さらに豚由来のプラセンタに比べてアミノ酸が1,2倍も含まれているのもいいですね。

 

次ですが水溶性の馬プラセンタと油溶性の馬セラミドを組み合わせて、ターンオーバーに対応できる役割をもたせることに成功。、この組み合わせで、潤いのある健全で調子のいい肌にすすめます。

 

最後の成長因子ですが、これはエイジングケアに無くてはならない成分ですが、インナードライ症状にも働きかける心強い成分です。

成長因子の内容は・NGF・FGF・EGF・IGF・TGF・CSF・LI-1.2.3.4と、配合されています。

 

乾燥肌や内部の乾燥のへのスキンケアもして、保湿やハリ、潤いを与えます。内側からの保湿というのも魅力的なケア製品ですね。

 

製薬会社がつくったエイジングケア美容液

プラセラ原液はトラブル肌へのスキンケアに向いていますがエイジングケアの方にも向いています。

製造販売のリバテープ製薬は、熊本ではちょっとは名のしれた会社としてなじみがあり、130年もの伝統を誇る製薬会社になります。

スキンケア製品はどのくらいあるのか?数多くの会社から発売されていますが、安いから良くない!高いから効き目があるのでは?という先入観があります。

 

スキンケア製品だけではなくてサプリメントもそうですが、安い、高いの前に自分の体質に合うのか合わないのかが一番の鍵!になると思います。スキンケア製品ですから、肌に合うか合わないかということになります。

 

リマーユプラセラ原液は製薬会社が開発したケア製品ですから、化粧品メーカーやその他の業種が開発したケア製品とは着眼点や開発への考え方が違います。

 

製薬会社ならではの技術と考え方があり、こだわるポイントも違います。このプラセラ原液はスキンケア製品ですが、厳密にいえばエイジングケア美容液という位置づけになります。

 

過敏な肌の人でも安心して使えるように無香料、無着色などは当たり前で、内容物は11種類しか成分を使っていないシンプルな処方でできています。余分なものは入ってないほうが安心ですよね。

 

プラセラ原液のスキンケア口コミ評価

 

■インナードライ症状です。これはインナードライに効く成分配合というので試しました。使いはじめから肌へのなじみが良くて、気持ちよくてけっこう使いました。浸透していることは実感しますね。もちろんしっかり塗り込んだので(笑)でもべとつきませんね、これだけでもオススメです。翌日に差を感じて肌の調子もいいし長時間立っても潤いが残っています。すっかり気に入ってます。(40代女性)

■これだけ効果を感じて使い心地がいいのは、馬プラセンタのおかげかなって少し値がはりますが、肌にハリが出てきて、馬プラセンタは違うなと思いました。もう少しだけ安くなるとうれしいのですが、シミにも期待して見守ってるところです。(40代女性)

■楽天で購入しました。定期コーズがあるので公式サイトからにしました。馬油はかなり試したのですが、これが一番、肌の荒れが改善しました。いまはかなり落ち着いているので、続けてみます。ずっとこの状態が続けがいいのですが。(30代女性)

■浸透するのにベタつきがありません。馬油というとベトつくと思っていたので、これはいいです。しわに効かないかなと塗っています、まだ効果を発揮するまで時間がかかるようで様子見です。肌の調子は全体的にいいようです。(50代女性)

※著作権の関係で口コミは意味内容は同一で表現を一部変更しています。

 

プラセラ原液の使い方は?

リマーユプラセラ原液の使い方を簡単に説明します。順番からいいますと

洗顔

化粧水

リマーユプラセラ原液

クリームなどで保湿

 

化粧水と保湿用クリームの間に挟むのが理想的な使い方です。近頃は美容液を使用する段階を変えたほうが効果的という声があるので洗顔後に美容液として使い、その後に化粧水というコーズも。

効果が感じにくい人は、化粧水とプラセラ原液の順番を入れ替えてむるのもいいと思います。

 

このプラセラ原液はスポイト式なので、驚くでしょうが、ケアする人のことを考えてこういう方式になったのです。スポイト式のメリットは衛生的ということ。

 

1回に5,6滴を手のひらに落として目尻や口元、シワやシミといったエイジングケアの場所につけてください。

リマーユプラセラ原液はローションや保湿オイルも用意していますのでセットで使うと相性もいいですね。美顔器との併用もOKです。(機種によっては美容液NGのものや単独使用のものもあるので確かめてください)

 

1日2回のペースで約50日つかうことができます。データによりますと40日あたりから変化が出るのですが、使用者の体質や肌の個人差がありますので、40日過ぎてあまり実感が来なくてもしばらくは継続して様子を見てください。

 

こんな人に向いている

 

プラセラ原液は

なじみが早くてベタつかない。

でも内側から保湿されてるという不思議な実感が。

保湿力も高くて、翌日なっても水分が失われずに。

これも厳選した高品質馬プラセンタや馬セラミドの肌へのアプローチがあるからです。

 

こういう人に向いている!

目尻や口元になにかケアをしたい

ハリや弾力がない

肌が乾燥して困ってる

最近、肌の調子が気になる

 

プラセラ原液の使い方は今のスキンケアにプラスするだけ。とても簡単なので、ぜひ一度試してくださいね。

 

プラセラ原液で気になる部分を集中ケア!

▼詳しいことは公式サイトへ▼
高級プラセンタとセラミド2週間分が1,080円