プロペティックはスカルプケア商品の中では意外なところに着眼した商品といえます。注目新成分キャピシルとリデンシルの配合が強力ですが、それを活かすための粘り気のある液状を独自で開発しました。この粘り気が液垂れを防止して長く頭皮に新成分などをとどまらせて、頭皮に浸透させます。まずはこの新成分であるキャピシルとリデンシルの効果が発揮できるメカニズムなどを調べてみました。



 

育毛新成分キャピシルとリデンシルの効果は?

キャピシルの効果

スカルプケア成分の世界も新陳代謝が激しくて、この2つの成分は次世代のスカルプケア成分と言われている期待度が高い成分になります。
キャピシルはカナダの化粧品会社が開発した育毛成分でアカツメクサ花エキスなどをメインにした天然由来の成分で構成された育毛成分です。化学的な成分とはちがうので肌にはやさしいです。

キャピシルは医療でのやけどの修復に使われる高い細胞復元効果が知られています。

 

キャピシルがない場合

ジヒドロテストステロン(男性ホルモンの一種)

毛母細胞の中に入り込む

男性ホルモン受容体と結合

毛母細胞の細胞分裂を抑制

ヘアサイクルが乱れる

髪の毛を作りだす毛母細胞や頭皮の正常な状態を維持できなくなる

 

キャピシルがある場合

そこでキャピキシルの出番です!
ジヒドロテストステロンを抑制することで
頭皮が不健康な状態になることを防いでくれているのです。

ジヒドロテストステロン←これをキャピキシルが抑制



髪の毛を作りだす毛母細胞や頭皮の正常な状態を維持

 

 

リデンシルの効果

 

・スイスの製薬会社が開発
・セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキスなどから構成された成分
・注目のバルジ領域を刺激
・細胞への働きかけではなく、毛穴に直接働きかける成分
毛母細胞を作り出している場所を強くする
・頭皮の炎症を抑える働き

細胞に働きかけるのではなくて
毛穴に直接働きかけるので、
いままで育毛剤の効果を実感で
きなかった人にも効果的な働きが期待できます。

 

 

毛母細胞自体を強くするのではなく、ことで、毛母細胞を作り出している場所を強くする毛母細胞も強くしてしまう成分です。

 

以上2つの成分がプロペティックの効果を支えているメイン成分です。

 

本当に効くのか?

 

まだ口コミが少ない状況ですが、
この2つのメイン成分をキチッと
頭皮に染み込ませて
継続して使用すれば
それなりの効果があると思われます。

 

もちろん万人に効果がある育毛剤はありませんが
このカナダとスイスで開発された2大育毛新成分と
それを染み込ませるための独自の粘り気成分
その他の成分の配合でできたプロペティックは
試してみる価値はある育毛剤です。

 

即効性を求めるのであれば最初からやめたほうがいいでしょう…

 

いままでいろんな育毛剤をつかっても実感がなかったのは頭皮に成分をキープさせる力が弱くスグに垂れたからかもしれません。

頭皮にしっかり新成分が浸透させて実感を確かめてみてはいかがですか?⇒プロペテックの公式サイトへ

 

 

プロペテックのその他の成分のまとめ

 

FGF-5抑制成分

 

プロペティックには毛乳頭に抜け毛を働きかけるFGF-5という脱毛の原因のひとつに数えられている因子を抑制する成分が
配合されています。ワレモコウエキスという成分がそれです。

 

23種類の毛髪成分

 

ローズマリー葉エキス、ユズ果実エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉エキス、シャクヤク根エキス、ボタンエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、マコンブエキス

毛髪に良いとされる成分のなかでも厳選しています。

 

アミノ酸

 

 

24種類の植物由来成分

 

プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス・ウンシュウミカン(温州みかん)果皮エキス・アカヤジオウ根エキス・マンダリンオレンジ果皮エキス・ダイズ種子エキス・マグワ根皮エキス・加水分解アナツバメ巣エキス・マヨラナ葉エキス・加水分解コラーゲン・アスコフィルムノドスムエキス・チャ葉エキス・コトジツノマタ・ミツイシコンブ・ヒトエグサ葉状体エキス・ワレモコウエキス

 

プロペテックの特徴はねばり?

 

プロペティックは毛髪診断士の経験と実績から生み出された
ほんとうに使いたい!と思えるようなものを世に出したいという思いから誕生した育毛剤です。

 

特徴としてはネバリのある液状で、これは海藻の昆布由来のものを採用しています。

この粘り成分が脱毛の因子のひとつであるFGF-5を抑制する効果をもっています。とくに毛母細胞の脱毛の抑制に働いてくれる心強い成分です。

 

液垂れしない育毛剤

 

プロペティックは従来の育毛剤とちがい、粘り気のある液状なので塗った直後にダラダラと液だれして、肝心の頭皮に浸透しないで垂れてしまい、育毛剤の意味をなさないということがありません。

 

粘り気が有効成分を頭皮に長くとどまらせるので、その分、頭皮に浸透させることができます。

 

 

大口径トルネードノズル採用

 

これは上記の粘り気のあり液状と関係があります。従来の液体ではないので、小口径のノズルですと内容物が出にくくなり、または詰まることが考えられるのでスッキリと気持ちよく内容物が出るためにも大口径ノズルを採用。

ストレスなく使用できます。

 

夜だけの簡単使用ですむ

従来の育毛剤は朝と晩の2回使用を推奨しているのが多いのですが、プロペティックは夜の風呂上がりに1度だけ使用すればいいので手間が省け、手軽な感覚で続けることができます。

 

 

使用シーンは時間的に 苦にならない夜のための仕様にするなど使い勝手に至るまでこだわりが見えます。

サプリにしろ育毛剤にしろ続けるというが大事なのです。

 

 

 

育毛剤の使用上の注意点

 

髪の毛は成長期や休止期など明確なサイクルによって動いています。

 

育毛剤の使用法を適正にしないと生えてくる、育つどころか
逆に抜けてしまう量が多くなることもあります。

 

髪の毛のボリュームが急激に増えたり抜け毛が続く場合は使用法が間違っているかもしれません。

 

・過度に塗りすぎている
・湿布直後になじませが足りない
・シャンプーから間違えている
・洗髪後にドライヤーをしていない
・継続して使用していない

 

以上のような使い方は育毛剤のまちがった使用法です。

過度に頭皮に湿布したり頭皮になじませる時間が足りないと
フケが増えたり毛穴が詰まり、育毛とは程遠い状態に頭皮がなりますので気をつけなければなりません。

 

洗髪後キチッとドライヤーもかけないといけません。余分な水分が頭皮に残っていると育毛剤の成分が薄くなり
効力が発揮できません。

これは昆布由来の粘り気が特徴のプロペティックにも当てはまります。

 

使用する期間ですが、3ヶ月以上は継続したほうがいいでしょう。

 

プロペティックはこんな人にオススメ!

プロペティックはネバリのある液状スタイルで
新成分など有効成分を無駄なく垂らさないで頭皮に
貼りつかせるのが、他社の育毛剤との差別点です。

・昆布由来の独特のネバリのある液状 ←これがすごく重要、頭皮に成分が貼り付く!
・リデンシル、キャピキシル配合
・植物由来成分24種類
・無添加・無香料
・アミノ酸、17型コラーゲン配合
・夜だけに1回使用で手軽にケア

 

 

こういう方にオススメします!

 

育毛剤の液垂れがもったいなくて…
頭皮にしっかりと長時間成分が貼り付いてほしい!
1日2回使用は面倒…
有効成分を無駄なくしっかり使いたい!
毛髪成分を確実に取り込みたい!それを実感したい!

 

毎晩、風呂上がりにネバリのある成分を頭皮にさーっと指でなじませていると、頭皮のケアが勝手にできていつの間にか毛髪の悩みは解消!⇒プロペテックの公式サイトへ