おこさま用カイテキオリゴの効果的な飲み方は?おこさま用カイテキオリゴは子供用につくられた便秘用サプリ。大人用のカイテキオリゴとは何が違うのか?配合ブレンドの違いとは何か?何の成分が子ども用のカラダには効くのか?飲むタイミングはいつが良いのか?原材料は?調べてみました。

 

【おこさま用カイテキオリゴ】の目安量と効果的な飲み方

 

おこさま用カイテキオリゴは大ヒットした「カイテキオリゴ」の子ども版です。さてこのおこさま用カイテキオリゴを赤ちゃんに飲ませる場合の適正量はどのくらいでしょうか?

 

~1日の目安量~
・新生児~6ヵ月 → 0.5g~
・6ヵ月~1歳未満 → 1g~
・1歳以上  → 2~3g

 

離乳食前のお子様(赤ちゃん)

・直接口に含ませる

おこさま用カイテキオリゴを母乳または白湯で半ねり状態に溶いて、そのまま赤ちゃんのお口に含ませます。

・母乳と一緒に

母乳や白湯で半ねり状態に溶いて、ママの乳頭部に直接塗ってから母乳を飲ませてください!←これはうまいやり方です!

・ミルクや白湯と一緒に

飲みきれる量の白湯やミルクに混ぜて飲ませてください。

離乳食期のお子様(赤ちゃん)

この時期になりますと、飲料、離乳食にまぜて召し上がることもできます。

ヨーグルト、オートミール、さつまいも、納豆、りんご、みかん、バナナは離乳食期でも大丈夫な相性の良い食品です。

 

赤ちゃん以上の幼児~お子様

食品に混ぜてもいいし、コップ1杯の飲み物に混ぜてもいいです。

赤ちゃんと違い運動量が多くなって、汗も多くかくので、水分が足りなくなることも…こまめに水分をとらせましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

摂取する回数を調整してもいいのか?

1日の回数は、増やしても減らしても問題ありません。こまめに回数を分け雨rコトで、お腹に働きかける頻度が増してスッキリにつながりやすくなる場合も考えられますので。

量の調整はどうしたらいいのか?過剰摂取はいいの?

体調に合わせて量の増減をはかることは問題ありません。

量に上限は設けてありませんが、急激に増やすとお腹がゆるくなる可能性が高くなりますので、増やす際は1グラムづつ様子をみながらにしてください。

 

お薬との併用はどう?

医師からの具体的な食事制限の指示がなければ、基本的に併用しても問題ありません。

心配でしたら医師や薬剤師に相談してください。

 

以上、おこさま用カイテキオリゴを飲む際の赤ちゃんの適正量とその飲み方でした。

 

 

 

【おこさま用カイテキオリゴ】の飲むタイミングはいつがいいの?

 

こんどは、飲むタイミングですが、これといって決まりごとはありません。お子様のスッキリタイムが個々のお子様によって違いがあります。

 

朝に出す子もいれば、日中の子もいますので。以下にそれぞれのスッキリタイムに合わせたアドバイスを。

・朝起きた際

起きたときは「起立性大腸反射」がり腸が動き出すので、起きた直後にコップ1杯くらいのお水と一緒に飲むといいでしょう。

 

・朝食時

起きがけで、空腹のなかに食物がおくりこまれ、それに刺激されて送り出す動きが活発化します。この機会を逃さずにおこさま用カイテキオリゴと相性の良い食品であるヨーグルトやお味噌汁に混ぜるのがおすすめです。

 

・夕食後から寝る前まで

夜は副交感神経が優位になり、活発化します。ゆったりリラックスしているのでホットミルクに混ぜて召し上がるのがおすすめです。

 

摂取するタイミングを変更しても大丈夫?

大丈夫です。ただし日タイミングがころころ頻繁に変わると効果がわからなくなりますので、なるべく同じタイミングでの摂取を2週間続けてください。

 

毎日摂取したほうが良いのか?

はい!腸内の善玉菌にエサを与え続ける観点からも、毎日のスッキリ習慣の観点からも毎日摂取することを習慣にしたほうが望ましいです。

 

こんな人は使用しても大丈夫なの?

 

食物アレルギーの場合はどうなの?

食物アレルギーがある場合は、原材料を確認してからにしてください!

 

▼全原材料▼
ラフィノース(北海道産)、ミルクオリゴ糖、乳糖、DFAⅢ(オリゴ糖)、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、イソマルトオリゴ糖、難消化性デキストリン、ガラクトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖

 

妊娠中や授乳中に摂取してもいいの?

このおこさま用カイテキオリゴはお子様のカラダの成長を考慮して開発された商品ですが、妊娠中や授乳中のママさんにも摂取できます。

大人用の「カイテキオリゴ」もあります。

 

大人が摂取しても大丈夫?

ハイ!大丈夫です!

▼大人用の「カイテキオリゴ」もあります▼
妊娠中・ダイエット中でも使える健康食品

【おこさま用カイテキオリゴ】のこども特化成分って?

 

このおこさま用カイテキオリゴは大人用とハッキリ違うのは「子供のカラダに合わせて乳酸菌の内容をブレンドしている」ということ

大人の体内のビフィズス菌と子どもの体内のビフィズス菌の構成比率が違うので、それに合わせた仕様に開発したのです。

 

当然、子どもに多いビフィズス菌に合わせて、そのビフィズス菌のエサになる成分を多めにブレンド、追加しました。

 

子どものカラダに合わせてガラクトオリゴ糖とDFAⅢ(オリゴ糖)の2つを追加しました。

 

 

全原材料は以下です。

・ラフィノース(北海道産)

・ミルクオリゴ糖

・乳糖

・DFAⅢ(オリゴ糖)←これがおこさま用に追加された成分。お子様の成長期に欠かせないカルシウムを陰ながらサポート

・フラクトオリゴ糖

・アカシア食物繊維

・イソマルトオリゴ糖

・難消化性デキストリン

ガラクトオリゴ糖←これがおこさま用に追加された成分。母乳にも含まれていて、お子様の体内に多いビフィズス菌のエサになるという報告があります。

・ショ糖/環状オリゴ糖←これが配合成分のなかで唯一の食品添加物

 

賞味期限はどのくらい?

開封後は2ヶ月を目安

 

まとめ

このおこさま用カイテキオリゴは「カイテキオリゴ」の子ども用で、子どものカラダ、腸内環境に合わせて成分をブレンド、追加したサプリです。

子どもの摂取する目安量は、・新生児~6ヵ月 → 0.5g~・6ヵ月~1歳未満 → 1g~・1歳以上  → 2~3gでできるだけ毎日コツコツと続ける習慣が大事で、それがお子様の腸内環境を正常な環境へと育てることになります。

 

離乳食前は、直接お口に含ませる、母乳と一緒に飲ませる、ミルクと白湯と一緒に飲ませるなどです。

離乳食期は相性の良いヨーグルトや納豆、フルーツなどに混ぜることもおすすめです。

幼児以上は、食品でも飲料でも混ぜて摂取するのがおすすめです。

 

おこさま用カイテキオリゴは熱に強く、甘すぎず、味もほとんど変えないために離乳食にも混ぜられます!味は「ほんのり甘いやさしい味」になっています。

大切なお子様の無理のないスッキリのために。

全額返金保証がついてます!

▼詳しいことはコチラ▼
子供特有の腸内環境に最適に働くオリゴ糖食品『おこさま用カイテキオリゴ』