ミミー補聴器の性能は、自分で調整が可能という簡単さという、いままでの補聴器のイメージを打ち破りました。お店までいって調整しなくてもいいのです!でも性能はよくて、厚労省の基準をパスした医療機器認証の補聴器ということで注目をあびています。性能の実感を口コミから探っていきます。

 

ミミー補聴器はこれまでの不満を解消 ストレスも解消!

 

ミミー補聴器は長年ストレスになっていた音に対する悩みから開放されたと喜んでいる人が多い補聴器です。

 

数多の医療メーカーからたくさんの補聴器が販売されていますが、意外にも使い続けている人は少ないのです。それはなぜかというと不便だから…役にたたないから…残念ながらこれは本当のことなのです。

 

それでも仕方がなく使用してたり、大事なときは我慢して使用するというかたもいますが、補聴器の使用率を調べたところ、びっくりたったの5%しか使っていないそうです。

 

世間には補聴器がかなりの数、出回っているはずなのに、実際に使用している人がこれだけしかいないなんて本当に驚きです。

 

我慢して使用している人からすると悩みは深刻なのです。「頭に響いてうるさい」とか、補聴器をつけないと日常生活に支障をきたすので我慢して使用して、逆にストレスを感じている。これっておかしいですよね。

 

このストレスになる音というのが、エアコンの音やドアの開閉音、さらには新聞の音やものを置くときの音でさえ衝撃となって頭に響くのです。これが毎日というとストレスもかなりのものになります。

 

また補聴器のもうひとつの悩みが「声が聞き取れない」ことです。人間は社会生活をしている限り、だれかを相手にして会話をしますが、相手の声が聞き取れないのであれば補聴器を付けている意味がなくなります。

騒音や雑音を拾ってしまい相手の声がハッキリと聞き取れないのです。補聴器の性能が悪いのではないのです。ありとあらゆる音を拾ってしますのです。でもこういう状況だと使い続ける人が少ないというのもわかる気がしますね。

 

そこでミミー補聴器です!ミミー補聴器はストレスを感じないように聞き取り音声調整機能セレクトーンという調整機能がついているのです。

これはここの独自の技術であり、他社の補聴器にはついていない機能です。いままでいくつもの補聴器を使用して納得がいかなかった方は一度試してみてください。

 

⇒ミミー補聴器くわしくはこちら

ミミー補聴器の評判は?愛用者の口コミ情報

■安価なのに使えます

補聴器はいままで高額なものを使ってきたのですが、いつもいまいちでした。これは最初価格的にはどうだろうと、安かろう悪かろうではないかと思ったのですが、全く問題ないですね!むしろ一番使い勝手がいい。本体と耳元のマイクの切り替えや調整もできるので、とても気に入っています。

 

■自分から使ってくれています

以前はプレゼントしたものは雑音が入るからと嫌がってました。大事なときだけは持たせてました。しぶしぶ使っていたようです。ミミー補聴器に変えてからは身につけることが多くなりました。ミミーをプレゼントしてよかった思います。人の声が聞きやすくなったとかで、会話も楽しそうですよ。

 

■聞こえやすいと申してます。

医療機器なので有名な会社のものなら安心だろうとプレゼントしたのですがダメでした。他によいものがないか探していたところミミー補聴器を見つけました。これは簡単に調整できるし、聞きやすくなったと喜んでいます。

 

■周りにもすすめています

友達が使っているけどあまり評判が良くないから使いたくないといってたのですが、無理を言って2週間試してみたら気に言ったみたいです(笑)電話も不自由を感じないし周りのお友達にもこれはいいよ!と自慢しているみたいで、いまのに不満がある方にもすすめていました。

 

■気にいるものを見つけました

今まで使っていたけど、うまく聞こえずやめて、でも会話がうまくいかずにいらだってしまって。お試しがあるということとミミー補聴器の評判が良さそうだったのです使ってみました。いままでの高額のは何だったんだろうって思うくらいです。

※著作権の関係で口コミは意味内容は同一で表現を一部変更しています。

 

電話は?ペースメーカーは?不安なことまとめ!

 

補聴器を購入したいけど、ちょっと気になることや不安なことがあると迷っている方に、いろいろまとめました。

 

■補聴器は電話するときは使えるの?

これは自宅の電話の機種によっても変わりますが、補聴器を付けたままで電話が使えます。携帯電話ですが雑音が入ってしまうことが多々あるので、補聴器との相性から携帯電話を選んだほうがいいでしょう。

 

■ペースメーカーとの併用は?

ペースメーカーとの併用可能です。これは補聴器の乾電池やボタン電地の電圧が低いので、ペースメーカー自体に悪影響をもたらすほどの電磁波は発してないからです。この件についての不安があれば購入前に確認したほうがいいでしょう。

 

■補聴器は両耳で使うないといけない?

これは片耳よりは両耳に付けたほうが聞き取りやすいです。音がどちらの方から出ているのかもわかりやすいです。はじめての補聴器はだれでも不安なものです。不安な方は片耳から使い始めて、徐々に両耳に慣らしたらいいでしょう。

 

■補聴器と集音器の違いは?

補聴器は国の厚生労働省の基準を通り認証を受けた医療機器になります。集音器は基準がなく医療機器ではありません。補聴器は医療機器ですから集音器に比べると高額になります。ミミー補聴器の場合は他社製品に比べてお手頃な価格ですが音質微調整機能「セレクトーン」を装備した世界初の補聴器として使いやすいと喜ばれています。

 

■電池はどれくらいもつの?

使用機器や音量、季節などによっても電池の寿命は変わりますが、

・ポケット型(単3・単4乾電池)なら1日8時間使用で約30日
・耳穴型(空気電池PR41)なら1日8時間使用で約14日

くらいになります。

 

⇒ミミー補聴器の性能を詳しく知りたい

わざわざ店に行かなくても試せる!

 

ミミー補聴器は利用者自身が自分の手で簡単に音質の微調整ができることが他の補聴器との違いです。従来の補聴器はひとりひとりがお店に出向いて調整をしなければなりませんでした。これはひとりひとりの聴力が違うからです。でもその煩わしさがなくなりました。

店に行かないで自宅で自分の聴力に合わせて簡単に微調整出来るのです!これは補聴器の世界では革新的な出来事です。

いままでお店に出向くのが嫌で、補聴器をためらっていた方には朗報です。手軽に補聴器を試せて、手軽に自分の聴力に合わせることができることは素晴らしいことです。

 

ミミー補聴器はお手軽な価格を設定しています。従来の「補聴器は高額商品」というイメージをくずしました。高額なのに役に立たないのに低額ならもっと役にたたないのでは、安かろう悪かろうではないのかという心配は御無用です。安いから品質に性能に妥協はしていません。しっかりと国の基準を通り認証された医療機器です。

 

医療機器とはいえ使用するのは個人ですからひとりひとり違います。

個人差というものがありますのでミミー補聴器では14日間返金保証を設けてあります。

まずは手にとって耳に装着してみてください!それから使い続けるかどうかの判断をすればいいのです。

 

さらに返金保証だけでなくアフターケアも充実。購入しておしまいではありません。無料での聴力測定。補聴器の調整とサポートはしっかりししてますので安心して使い続けることができます。

 

補聴器サポートセンターもありますので、わからないことはいつでも相談できます。

 

 

まずは手にとって耳に装着してみてください!
⇒ミミー補聴器をもっと詳しく