ルーナスは乾燥肌・敏感肌のための洗顔料であり、エイジングケア化粧品でもあります。独自のこだわり製法による馬プラセンタが配合されていることでも話題になっています。乾燥肌と敏感肌への働き方など、ルーナスはどう効くのか口コミなどから探っていきます。

 

ルーナスの口コミ情報

■石鹸がつっぱりません

もともと敏感肌で洗顔石鹸は突っ張ることが多かったけど、ルーナスはOKです!馬油のせいか潤いが素晴らしいです!しっかりとキレイにしてくれる実感がもてるだけでなく、スキンケアの肌への浸透が良くなっているようで、肌によい変化を感じています。

 

■トラブルはありません

クレンジングや洗顔で潤いを実感できました!いままでのものではなかったことです!これまでのはトラブルがすぐに現れて、反対に優しめのものを選ぶと汚れが落ちにくいという悩みがありました。でもどちらも解消できました。馬油って素晴らしい!って思いましたね。続けますこれからも。

 

■セットでオススメ

クレンジングではちゃんと化粧を落としてくれるので、肌はつっぱらない!潤いがある!そういう意味ではとてもいいのですが、汗をかいたときに落ちないようにメイクをガッツリするとクレンジングだけではちょっと無理なようです。W洗顔で泡のパックをすると汚れがちゃんと取れるようです。でも使いやすいですね、肌に負担をかけているという感じはしませんから。

 

■肌が変わった

馬油のおかげでしょうね、確実に汚れを落としているのがわかります。おかげで肌が変わりました。ワンランク上がった気がします。実はクレンジングだけでも、汚れがちゃんと落ちているようです。なかなかすごいものですね。スキンケアは洗顔やクレンジングが大事ということをルーナスに学びました。

 

※著作権の関係で口コミは意味内容は同一で表現を一部変更しています。

 

ルーナスのクレンジングと石鹸の正しい使い方

 

ただしいルーナスの使い方を説明します。

■クレンジング

1.手のひらにマスカット大程度をだす
2.顔全体をかる~くマッサージ
3.水またはぬるま湯で洗い流す

■石鹸

1.泡立てネットを水で濡らして泡立てる
2.レモン1個分程度の泡を顔全体に乗せる
3.円を描くように汚れを浮かす
4.生え際やこめかみもきちんと洗う
5.水またぬるま湯で洗い流す
6.優しくタオルで水を吸い取る

次は泡パック

1.再度泡立てる
2.顔全体からデコルテに広げる
3.1分間泡パックする
4.洗顔の5.6と同じ

 

クレンジングにダブル洗顔というと、誰もがつい想像してしまうのがつっぱり感と乾燥です。不安に思うかもしれませんがルーナスのクレンジングと石鹸セットなら大丈夫です。

 

乾燥が気になってダブル洗顔をためらっている人も大丈夫、潤いを感じることができますよ。

 

ダブル洗顔で確実に汚れを落とすからこそ、肌が潤い、その後の化粧水も浸透しやすくなるのです。ですから確実に汚れを落とすことをおろそかにしてはいけないのです。

ふつうはここまでしっかり落とすと刺激が起きたりするのですが、ルーナスは敏感肌にやさしい成分を使用してますので。

 

ルーナスが提唱する「年齢プラス15日で効き目を実感する」というちょっとゆっくりなペースなのも、肌のことを考えて焦らないでほしいから。肌への刺激や負担を考えると、それだけの時間を取らないといけないからです。

 

敏感肌とエイジングのケアを安心して取り組むためにもルーナスのクレンジングと石鹸はいいと思います。

 

⇒ルーナスで敏感肌の安心エイジングケアを

 

ルーナス化粧品の7つの特徴

 

ルーナス化粧品には7つの特徴があります。敏感肌とエイジングの2つのケアが可能なルーナス化粧品

 

2つのケアができる理由を探っていきます。

 

1、特定の馬プラセンタの採用

プラセンタはエイジングケアで欠かせない成分です。「補う+再生する+整える」の3つのひろい役割があるのですが、ルーナスはキルギスの馬プラセンタにこだわり化粧品に採用。

 

2、植物由来の洗浄成分の採用

敏感肌でお悩みの方が使用しても安心できるように・アルギニン・ムクロジエキスの植物由来による肌にやさしい成分を採用、汚れを洗い出してくれます。

 

3、敏感肌のためのケア成分

角質層の保湿成分を補佐する・馬油・オリーブ油を採用。健康のため、美容のための成分として認知度が高い成分です。

馬油は人体の皮脂に一番近いので角質層に速やかに浸透。

オリーブ油はオリーブオイルよりオレイン酸を多量に含んでいます。

 

4、エイジングケアの成分

・アルニカ花エキス・コエンザイムQ10(ユビキノン)・トコフェロールとこれらの成分は、抗酸化作用、血流促進効果、保湿効果があり肌にハリを取り戻します。心強いエイジング成分です。

 

5、美容成分を豊富に配合

 

・保湿成分・整肌成分・抗炎症成分とこれら3つの役割をもつ成分を12種配合して、美容のためのケアをしっかりと。

 

6、9つの不使用とフリー

 

・鉱物油
・アルコール(エタノール)
・旧表示成分
・石油系界面活性剤
・パラペン
・シリコンオイル
・着色料
・香料
・尿素

やはり安心安全に肌のケアをしたいという願望は年々つよくなっています。さらに本来、表示義務のない添加物や保存料も排除しています。

 

7、独自製法へのこだわり

・クレンジング「ゲル製法」・ソープ「枠練り製法」とこれらの独自の製法により生み出されるルーナスの化粧品は固形にしろゲルにしろ肌にやさしいつくりになっています。

 

⇒ルーナスについてもっと知りたい方はこちら

敏感肌の原因は「間違ったスキンケアの考え方」にあった!

 

エイジングケアを一生懸命にしているのに、まったく効果が感じられない。

いろんな化粧品を試しているけど肌に合うものがない。

 

何をやってもうまくいかないと、自分の敏感肌や乾燥肌に合うものはない!と諦めモードになっているかもしれませんが、ちょっと視点を変えてみてください。じつはその一生懸命にしているケアの方法が間違っている?驚くかもしれませんがそれがドラブルの原因になっている可能性があるのです。

 

敏感肌や乾燥肌は気候やその他の要因でダメージを負い肌をガードするバリアが失われて、保湿をしても水分が維持できないという無駄な状態に陥ります。

この点が、肌のトラブルの原因になり、さらに肌の老化を促進させてしますのです。

 

よくあげられる理由として

・洗浄力の強いものを使う
・スキンケアの際にこすってしまう
・大量に乳化剤の含まれた化粧品を使う

などが考えられます。

 

スキンケアはクレンジングや洗顔さえすれば汚れは落ちるもの!と思い込んでいる方は大勢いますが、強く刺激性のあるものを使用しつづけると肌への負担はかなりのものになります。毎日続けれると負担は徐々に大きくなっていくのです。

また、汚れをキチッと落としたあとに、肌に安心の化粧水などで、しっかりと肌にジワジワと浸透させておくと肌が変わっていきます。

 

さらにもうひとつ付け加えると、エイジングケアは早く結果を出そうとすればするほど成分が強いものになってしまいます。もちろん肌への負担はその分かかります。

 

ルーナスでは、敏感肌のエイジングケアの独自の指標として年齢+15日を呼びかけています。なぜならこの指標が肌のことを最大限考慮した日数だからです。

 

今なら保証がついています。まずは肌に合うか自分でしっかりお試しください。

 

⇒ルーナスで正しいエイジングケアを始めよう