エルフィングはシンバイオティクスという方法を取り入れた食べる乳酸菌サプリメント。痩せる、ダイエットを腸内環境の視点から開発したサプリメント。シンバイオティクスはどのくらい効き目があるのか?プロバイオティクスとプレバイオティクスの融合とは?エルフィングの特徴と効果はなにがあるのか?副作用はあるのか?下痢を誘発することはあるのか?調べてみました。

 

シンバイオティクスの効果が知りたい!

シンバイオティクスとは腸内環境を改善するための考え方、いや新しい方法とでもいうのでしょうか。

そもそもプロバイオティクスは乳酸菌やビフィズス菌を摂取ること指します。

さらにこれを進化させて乳酸菌とビフィズス菌などの善玉菌とこれを育てるフラクトオリゴ糖などを組み合わせることで腸内環境への改善を期待することをシンバイオティクスと呼ぶのです。

 

プロバイオティクス=乳酸菌やビフィズス菌を摂取すること

シンバイオティクス=乳酸菌やビフィズス菌とそれを育てるフラクトオリゴ糖などを組み合わせること

 

シンバイオティクスのシンはシン・ゴジラのシンですかね?

エルフィングでは、このシンバイオティクスをさらに強化するために短鎖脂肪酸を加えてダイエット効果がUPするように働きかけます。

なかなか念のいったことですねエルフィングは。

短鎖脂肪酸は体内フローラの研究で注目されている細菌が作り出す成分のひとつで、油の吸収をブロックします。

これらの複合的な働きで、

腸内環境を整える(溜まったモノを排出する)

脂肪燃焼効果

とふたつの働きが期待できるので、ダイエットに向いているよということになります。

 

シンバイオティクスという考え方、方法を取り入れて・善玉菌を直接腸内に届ける・その善玉菌を腸内で育てる、つまり「育てながら腸内を改善する」を実行するのです。

 

シンバイオティクスの仕組みは?

 

シンバイオティクスをさらに詳しくみていきます。

腸内フローラのバランスを正常化する役割をもつふたつのバイオティクスが存在します。

プロバイオティクス

プレバイオティクス

一文字違いですが役割も違います。

プロバイオティクスのほうは乳酸菌やビフィズス菌などの腸内に有用な働きをする、いわゆる善玉菌を積極的にとりこんで腸内を改善しようという方法です。

プレバイオティクスの方は食物繊維とかオリゴ糖などが善玉菌のエサになって、善玉菌の育成を促す働きをするものを積極的に摂りこんで、これまた腸内環境を改善しようとする方法です。

 

どちらも腸内環境を整えよう、正常化しようという大まかな役割は同じですが、細部の役割は違います。

 

簡単に示しますと

善玉菌を直接届ける腸内環境の改善法→プロバイオティクス

その善玉菌を育てるために餌になるモノを届けて腸内環境を改善法→プレバイオティクス

 

こういうことになります。

 

このふたつを組み合わせた腸内環境の改善法がシンバイオティクスというわけです。

 

プロバイオティクス+プレバイオティクス=シンバイオティクス

 

 

エルフィングの効果を簡単に!

 

エルフィングの特徴と効果ですが

・デブ菌のブロック

・痩せ菌の補給

・シンバイオティクスの効果

・短鎖脂肪酸の効果

 

簡単に並べるとこういう特徴があります。

まずデブ菌のブロックですがデブ菌=腸内細菌ファーミキューテスは消化されたものから栄養を貯め込む働きをするのですが、この菌が多すぎると腸内に過剰に貯め込むのです。本来排出されないといけないものが、これが腸内環境の細菌の比率を改善すること、さらに短鎖脂肪酸の働きで過剰な溜め込みをブロックすることになります。

 

痩せ菌の補給ですがビフィズス菌が痩せ菌で、役割としては糖を発酵させて、脂肪酸の取り込みをブロックすることが期待されます。

 

シンバイオティクスの効果はビフィズス菌536株と痩せ菌であるビフィズス菌を育てるフラクトオリゴ糖の組み合わせで効率よく、腸内環境を改善してデブ菌の比率を下げる効果が期待されます。

 

あと短鎖脂肪酸ですが、ビフィズス菌などの腸内細菌は、オリゴ糖や食物繊維を発酵させて短鎖脂肪酸を作ります。

 

短鎖脂肪酸は

・油を溜め込まないように阻止

・余分な溜まっているものを燃焼

・腸の蠕動運動を活発にする

などの働きがあります。

 

エルフィングの副作用はあるの?下痢するの?

 

エルフィングはビフィズス菌とフラクトオリゴ糖が主成分ですから腸内に影響を与えます。

 

腸内環境を整えるのはもちろんそれに付随して、代謝効果も良くなるでしょうし、肌がキレイになることも期待できます。

 

しかしデメリットもあるようです。エルフィングで下痢になる人もいるようです。

 

まずフラクトオリゴ糖のオリゴ糖を摂りすぎて下痢や腹痛や軟便が考えられます。

オリゴ糖が個人差から効きすぎていると考えられます。こういう場合は一日の目安3粒を減らして様子をみましょう。

 

もうひとつの主成分であるビフィズス菌で下痢になる場合は?

ビフィズス菌に関しては下痢を改善する役割があるので、まずその心配はいらないでしょう。

 

あと想定できるのは他の成分であるスーパーフード14種ですが、果実の成分であり、種類によってはアレルギーの発症が考えられますので、その場合は医師に相談したほうがいいでしょう。

 

エルフィングを摂取して下痢になる人は少ないと思われますが、もともと胃腸の虚弱な方や相性が良すぎて、便に異常が起こるリスクが無いとも限りませんが、その時は摂取を中断するか先程も書いたように減らして様子を見守りましょう。

 

一石三鳥を狙う人におすすめ!

エルフィングは腸内環境を正常に近づけます、これは腸内細菌の比率を理想的にすることです。そうなると脂肪をためにくい体質に変わることが期待できます。

 

痩せたい!というとキツイ食事制限や運動やトレーニングが思い浮かびますが、まったく運動をしなくてもいい!、何を食べてもいい!というのではありません。

 

やはりバランスの取れた食事を心掛けて、ウォーキングくらいの軽い運動は取り入れたほうが、エルフィングの効き目も増すことでしょう。

 

エルフィングを摂取することで、一気に痩せる体質に変換することはありませんが、継続的に摂取することで、徐々に痩せる体質に近づいていくのです。

 

エルフィングは痩せるサプリメントとしては異例の腸内に働きかけるタイプの乳酸菌サプリメント。

 

腸内環境に着目して、デブ菌と痩せ菌の比率を理想的な状態にして徐々に体質を変えていこうと開発されたものっです。

 

善玉菌が繁殖する→便秘が改善される→腸内がきれいになる→ヤセ体質になる+肌の状態が良くなる

こういった流れで痩せる体質+美肌効果も期待できます。

 

乳酸菌ダイエットサプリ-エルフィングはこんな方にオススメ

 

デブ菌を減らしたい
短鎖脂肪酸をふやしたい
ぽっこりお腹をなんとかしたい
体型をよくしたい
徐々にでもいいからツラくなく過激ではないダイエットをしたい

 

痩せて、便秘改善して、美肌になりたい!(一石三鳥!)

▼詳しいことは公式サイトへ▼
乳酸菌でダイエット/elfing