バンビママ&ベイビーの成分は無添加でオーガニック。敏感肌にはどうなのでしょうか?このマッサージクリームは妊娠線予防ケアと妊娠中のむくみケアの両方を同時にケアすることができます。クリームの成分は無添加でオーガニックは当たり前、浸透力、高保湿、弾力と美容成分90%以上配合。敏感肌検査のこと、簡単な使用開始時期からの流れや使い方も含めて調べてみました。

 

バンビママ&ベイビーは敏感肌にどうなの?

 

バンビママ&ベイビーマッサージクリームは敏感肌にとくにこだわりを持って作られました。

 

妊娠中にお腹や全身にぬっても、ストレスの感じない使用感のクリームでないといけません。妊娠中です、たかがクリームではすみません。

いま女性で敏感肌のひとは大勢います。肌に塗ってマッサージをするクリームなので、なおさら敏感肌への対応がなされていないとマズイのです。

 

敏感肌検査の結果報告

 

安心して妊娠線の予防と妊娠中のむくみケアに使うためにも、バンビママ&ベイビーのマッサージクリームはあえて厳しい基準の敏感肌検査にのぞみ最高評価を獲得しました。

 

弱陽性0人

陽性0人

強陽性(++)0人

強陽性(+++)0人

強陽性(++++)0人

皮膚刺激指数0,0ポイント

 

パッチテストでこのような結果がでまして、それで最高評価を得たのです。

 

この最高評価の報告書は公式サイトに載っています。

 

■無添加にもこだわり

いまやケア製品や化粧品やサプリメントは無添加であることが当然になってきました。よい風潮だとおもいます。

 

それだけ自然やナチュラルへのこだわり、人体への影響を真剣に考える人が増えてきた証拠です。

バンビママ&ベイビーマッサージクリームは6つのフリーを実践しています。これも妊婦さんのカラダへの影響を深く考えて、おろそかにはできないと考えたからです。

 

合成着色料

合成香料

鉱物油

パラベン

石油系界面活性剤

紫外線吸収剤

 

これらの成分を配合していません。逆にいうと、これらの成分は類似のマッサージクリームにたっぷり使われていたのです。

 

これらの成分が配合されてたとして、直ちに何かが起こるとは思えませんが、妊産婦の大事な大事なカラダを考えると慎重にも慎重を期して、すこしでも不安に思う成分や人体への負担があるような成分は排除したほうがいいに決まってます!

 

製造工程もこだわり

安心の国内生産で、さらに製造工程も国内最高レベルの工場で製造されています。

 

赤ちゃんが触れても大丈夫

このマッサージクリームを万が一、赤ちゃんが触っても大丈夫です。産後に赤ちゃんがママのそばにいても、そのまま産後の引き締めケアとして塗っていただいて大丈夫です!

 

→成分の内訳はこちらの記事!

 

妊娠初期からのケアがなんでそんなに大事なの?

 

妊娠線の原因は皮膚の急激な伸びにあるので、お腹の表面の皮膚だけ保湿をしても無駄です。

徐々にならまだしも、急激に膨らむので皮膚の成長は追いつかずに、お腹の真皮(表皮の下にある)は耐えられずに「ヒビ割れ」ることに!

妊婦さんのお腹に妊娠線ができるのです。

 

こうならないためにも、妊娠の初期からの予防が大事なのです。

お腹がそんなに膨らまない時期から、膨らんだときのことを想定して

浸透力+保湿+弾力のケアをしておくのです!

 

そうすれば、

お腹の皮膚の奥までしっかり潤いが届いて、お腹の急激に膨らんでも準備はできているので弾力性のある柔らかい肌に!

 

 

マッサージクリームの使用時期の流れ

 

さてバンビママ&ベイビーマッサージクリームですが、いつから使い始めたらいいの?

お腹が膨らみだす前!妊娠4~5ヶ月目が最適ポイント

 

妊婦さんにも個人差がありるのですが、妊娠初期からの継続的なケアをすることが大事なことです!

 

■マッサージクリームの使用時期の流れ

 

■妊娠1~3ヶ月目

・つわりで辛い時期

・肌が敏感になっている

準備開始!

徐々に妊娠したことを実感する時期

 

■妊娠4~5ヶ月目

・お腹目立ってきた

・バストサイズが変わってきた

・肌の乾燥が気になる

・むくみやすくなってきた

スタート!ここで妊娠線ケアの始まりです!

徐々にお腹も胸もげ変化がでてくる頃がケアの始まりなのです。

 

■妊娠6~7ヶ月目

・お腹の肌にムズムズ感が来る

・バストの肌が張ってきた

→妊娠線がハッキリと…

お腹の周囲や自分の視界では届かない下腹部やバスト、ヒップの下部もきちっとケアしましょう。

 

■妊娠8~10ヶ月目

・お尻よりも大きくなったお腹

・全身のむくみがひどい

ここでたっぷりと塗りましょう

お腹全体とバストもヒップもたっぷりと、1日に数回に分けてでかまいません。

 

■出産後

・まだお腹が元に戻らない

・むくみがとれない

→産後の妊娠線ケア引き締めケアに使います。

出産後に油断しないで、2ヶ月ほどは妊娠線ケアを継続して、同時に産後太りの引き締めケアやむくみケアにも使うことができます。

 

 

バンビママ&ベイビーの簡単な使い方

バンビママ&ベイビーマッサージクリームは特別むずかしい使い方ではありません。誰でも簡単にできる塗り方です。

 

1妊娠線ケア

手に取りお腹全体に、たっぷりと塗り込む

朝と寝る前の2回塗ることを推奨

 

2そのまま、むくみマッサージ

ここではむくみやすい脚の場合

ふくらはぎを包むように

くるぶしから膝の裏に向かって押し上げ

 

太ももは外側から内側にねじるようにマッサージ

 

 

 

まとめ

バンビママ&ベイビーマッサージクリームは妊娠線とむくみという妊娠中の2大悩みに特化したケア製品。それも同時にケアができるというスグレモノで、産後は引き締めケアにも効果が期待できるので、一石三鳥というコスパのいいケア製品です。

モニターさんの使用感はとても好感触で、皆さんからいい評価もらっています。

 

使う人が妊婦なので、特別に敏感肌検査に最高評価でパスしています。妊婦の大事なお腹に塗るので、肌荒れ、肌トラブルがおきたら大変!

 

肌トラブルがお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすとは思いませんが、妊婦のストレスになることは避けたいので、敏感肌検査での最高評価は安心できるポインでもあります。

 

ほかにも6つの無添加やオーガニック認証のむくみケア成分と至れり尽くせりの内容。

 

そしてうれしいことに美容成分90%以上配合の赤ちゃんのことで頭がいっぱいの妊婦さんに美容もついでにしてください!という考えが詰まっています。

 

こういう人におすすめ

妊娠線の予防を考えている方

妊娠中の乾燥肌・敏感肌にお悩みの方

妊娠中のむくみにお悩みの方

(妊娠線ケアは妊娠初期から産後、お腹が戻るまでが重要です。)

 

 

赤ちゃんがいるし、敏感肌だし肌トラブルになってストレスになったり出産の悪影響になるのは嫌だな…

 

大丈夫!バンビママ&ベイビーは敏感肌検査で最高評価を得ていますし、無添加でオーガニックですから安心してお使いいただけます。

 

初回全額返金保証は自信があるから。

 

▼詳しいことは公式サイトへ▼
妊娠線&産中のむくみ≪同時にWケア≫