ママオメガは妊娠中のNG成分排除。これからママになる方は妊娠中のNG成分に気を使っているでしょうが、そういうかゆいところに手が届く妊娠中に安心して飲めるサプリがママオメガです!妊娠・授乳中のママさんは食べ物に気をつける必要がありますが、食べ物の準備は面倒で手間暇がかかります。

そこで手っ取り早く栄養を摂ろうとしてサプリメントに手を出す方は大勢いますが、やはり妊娠中の方は、ふつうのサプリではちょっと心配です。妊婦NG成分が含まれている可能性がありますから…胎児や乳児に悪影響を及ぼす可能性があります。

そこを徹底したのが実際、妊娠中の女性開発者がつくったママオメガです。なんの成分をNGとしたのか調べてみました。妊婦開発者の本気度が試されています。

 

サプリに配合されがちな妊娠中に避けたほうがよい成分とは?

 

サプリに配合されがちな妊娠中に避けたほうがよい成分とは何でしょうか?
だいたいサプリは栄養補助食品ですから、食物で栄養を摂るのが面倒な人が
頼るのがサプリメントです。

でもそのサプリにも妊娠中の妊婦さんにはちょっとまずいのでは…というNG成分があります。

馬プラセンタ
ビタミンA
ヨウ素

こういう成分です。
おなじみの成分ですね!

馬プラセンタやビタミンA なんて美容系のサプリには
よく聞く成分です。

でも妊婦さんにはちょっとマズイようです。
1つずつ見ていきまます。

馬プラセンタ

女性ホルモンに影響を及ぼす可能性があります。

プラセンタは英語で「胎盤」の意味です。しかしサプリなどやメイク用品で「プラセンタ」と言われているのは胎盤自体ではないのです。、胎盤から栄養素を抽出したものです。

「プラセンタ」には、たんぱく質、脂質、糖質の3大栄養素を始め、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸など多彩な栄養素が含まれています。
アンチエイジング対策のサプリメントでもあるのですが、妊娠中は避けといたほうがいいでしょう。

ビタミンA

うなぎレバーといった活力が湧くような食材にふくまれていますが、とりすぎは赤ちゃんへの健康に影響を及ぼす可能性があります。意外ですね!
とりすぎがいけないのですが、念のために避けといたほうが無難です。

ヨウ素

昆布や海藻類に含まれることで知られています。原発事故のときに話題になった成分ですね。配布されていましたね
これも摂りすぎがいけないようです。甲状腺機能低下や甲状腺中毒症を引き起こす可能性があるのです。摂り過ぎなければ大丈夫といわずに避けておいたほうが無難です。

 

ということで、この3っつの成分は、妊娠中や授乳中のママさんは注意することが大事です。
おなかの中の大切な命のためにです。

こういう配慮をしたのはママオメガの開発者の妊婦さんの
おなかの中の赤ちゃんへの強い思いがあったからです。

 

10の無添加ってどんな成分なの?

 

ママオメガはほかにも成分にこだわっていますが

食品添加物
化学物質
にとくに要注意をしてつくったのです。

 

魚由来のOMEGA3不使用
トランス脂肪酸フリー
ショ糖脂肪酸エステルフリー
合成香料不使用
合成保存料不使用
合成着色料不使用
防カビ剤不使用
膨張剤不使用
石油系原料不使用
人口甘味料不使用

 

これらの物質、成分は人体には好ましくないものです。
とくに妊婦さんというデリケートなカラダには
これくらいの徹底した排除が適切です。

 

一見、大げさに見えますが、妊婦さんと妊活をしている女性の
不安や心配を少しでも減らしたいという意気込みを感じるママオメガです。

 

ここに挙げられているものは
アレルギーやアトピー性皮膚炎にも
関係があるかもしれないモノがあります。

生まれてくる子供がアトピー性皮膚炎にでもなったら目も当てられません。

ママオメガの10の無添加は素晴らしい取り組みだと考えます。

すべてのサプリメントもこういう姿勢だといいのですが…

 

オメガ3の魚由来も排除!

ママオメガのオメガでわかりますが、オメガ3という成分が配合されているのが
このママオメガの特徴です。葉酸サプリはたくさん出回っているのですが
葉酸+オメガ3という組み合わせは今の所ほとんどないようです。

このママオメガだけです。

それだけにママさんの注目を集めています。

このオメガ3ですが

命の脂ともいわれ近年話題の成分で、
腸内環境改善に重要な役割を負っているということです。

それだけでなくて体内の細胞にも重要な役割を担っていて
生きていく上で重要な成分という地位を得るようになりました。

 

このオメガ3ですが詳しくすると

魚由来と植物由来の2つのルートがあります。

問題は魚由来の方です!

 

魚には一部で、有毒物質病原体が潜んでいる、溜め込んでいる
という疑惑があり、これらがサプリに混入したら
何のためのサプリメントなのかわからなくなります。

健康のためのサプリなはずが健康を害するサプリになってしまいます。
すこしでも妊活、妊娠中、授乳期の女性に不安をへらすべく
思い切ってママオメガでは魚由来のオメガ3を排除することにしたのです。

 

たかが一部の魚なのですが、万が一のことも考えての排除です。
確率からいけば、害を及ぼす魚に当たる可能性は低いですが
ここでも手を抜きません。ママオメガは!

 

ちなみにここで疑わえている有毒物質は水銀
病原体はトキソプラズマです。

この2つの物質と病原体は母子手帳にも
出てくる注意を喚起している妊婦さん要注意の事柄です。

一度、母子手帳で確認されるといいでしょう。

ママオメガは安全性にとくにこだわってつくられています。ほかのサプリと比べても一目瞭然です。

ママオメガひとつあれば、妊活から妊娠、授乳期までの全期間の
栄養不足をサポートできます!もちろん赤ちゃんもです。

 

ママオメガ1つで母子の栄養不足対策とママの美容対策ができる!
▼もっと詳しいことはコチラ▼