ママオメガというオメガ3と葉酸のW成分のサプリ。このサプリは妊娠中の社員が自分で開発をしたサプリというだけあって、異常なほどに病的なほどに安全性にこだわっているようです。成分だけではなくてありとあらゆるレベルに安心安全に心を砕いているサプリのようです。

何の原料、成分がフリー、不使用なのか?一体どの程度の安全性なのか調べてみました。妊娠中の社員さんだからこのサプリ・マママオメガへの思いは切実なのようです。

ママオメガの10の無添加とは何?

魚由来のOMEGA3不使用
トランス脂肪酸フリー
ショ糖脂肪酸エステルフリー
合成香料不使用
合成保存料不使用
合成着色料不使用
防カビ剤不使用
膨張剤不使用
石油系原料不使用
人口甘味料不使用

この10の無添加だけでもママオメガへの強いこだわりが感じられます。

特に驚いたのが、魚由来のオメガ3の不使用です!
タイムリーというか時代の先端をいっています。
いま魚というのは、水銀など有毒な成分を取りこんでいるものが
あるのです。それとプラスチックの小さな欠片も飲み込んでいるということで
健康にはいいと言われていますが、魚を食べると逆に有毒な成分
ママのカラダに摂り込んでしまう恐れが高いのです。

そこへの配慮で魚由来のオメガ3の不使用となったようです。
ものすごく敏感な対応です。

あと合成保存料や合成着色料、合成香料なんてもっての外です。
時代にそぐいません。不使用で当たり前です。

人工甘味料も最近では、カラダには良くないと注目が集まってきました。
不使用で正解です。人工よりは自然な方がいいに決まってます。

トランス脂肪酸ですが、アトピーなんかと関わりが深いようです。大事な
赤ちゃんがアトピーにでもなったら大変!一生後悔することになります。

妊娠中に避けたほうが良い成分

ママオメガは10の不使用だけではありません
妊娠中に避けたほうが良い成分も排除します!徹底的です!
馬プラセンタ
ビタミンA
ヨウ素

馬プラセンタ 

女性ホルモンに影響ある可能性があります

ビタミンA

過度の摂取が赤ちゃんへの健康に影響をおこす可能性があります
うなぎやレバーに多量に含有しています。
精をつけるというイメージがありますが、妊娠中は避けたほうがいいでしょう。

ヨウ素

過度の摂取は甲状腺機能低下や甲状腺中毒症を起こす可能性があります。

昆布や海藻類に多量に含有しています。これも健康には良さそうですが
妊娠中の方は避けましょう。

ということで、ママオメガよくぞここまで徹底したものです。

ママオメガのオメガ3は植物由来と魚由来のどっち?

オメガ3には植物由来と魚由来の2つがあります。

オメガ3がカラダにいいということは知られています。
美容とか腸内環境にもいいらしいです。

水銀トキソプラズマという物質がありますが大事な赤ちゃんの健やかな成長のためには排除したい物質です。すべての魚にあるのではないようですが、素人ではどの魚が危なくて
どの魚が危なくないのか判断がつきません。ですから最初から疑いのあるジャンルである魚由来そのものを不使用にしたほうがスッキリしますね。

これらの魚由来の有毒物質の危険性は母子手帳に書いてあります。
「魚介類に含まれる水銀について」の項目に注意があります

特定の魚だけを偏食して、日々、多量に食べることはやめまること
魚類は良いタンパク質や微量な栄養素を多量に含有していますが
魚類のある特定の部類には海の中の食物連鎖を通じて、高濃度の水銀が含有しているものもあるので注意が必要なのです。

でも特定の魚って、何?どれ?ということです。

あと「妊娠中の食中毒予防について」の項目もあります。

母親に症状がなくても、赤ちゃんに食品中のウイルスなど影響が起こることがあります
妊婦にとって格別に注意しなければならないウイルスとしてトキソプラズマ原虫があります。

魚の中には結構、微小な病原体とか虫が潜んでいるのです。妊娠中は免疫機能が落ちているので食中毒など食物が原因の病気にかかりやすいので気をつけないといけません。

以上の魚由来のリスクから、少しでも守るためにママオメガでは植物由来のオメガ3を採用したということです。

ママオメガはリスクが低いことでも、消費者に、ママさんに疑いをもたせるような由来を不使用にして安心してもらうということです。

ママオメガの有害物質検出試験の結果は? 

 

残留農薬試験
放射性物質試験
水銀「メチル水銀」試験
重金属類検出試験

ママオメガの有害物質への検出試験ですがこれも徹底しています。

普通のサプリメントは残留農薬試験と放射性物質試験くらいですが
水銀と重金属と、これも魚由来不使用の証明でもありますね。

重金属検出試験ですが、いま、体内に結構取り込めれているようです。
金属の歯とかマグロとかそのほか食物によって取り込めれているようですので
これもタイムリーな対応だといえます。

これら全部の残留検出試験を受けて、有毒な残留物が検出されていないことが
証明されているのがママオメガというわけです。

ママオメガは原料に遺伝子組み換えは使ってるの? 

遺伝子の組み換えではない原料

さらにですが、これまた噂の遺伝子の組み換えをしている原料が
おもにアメリカとか外国では栽培されているようですが。
この遺伝子組み換え作物ではない作物を採用しているとのこと。

これは当然のことです。ママさんだけではなくて日本人にとっては
遺伝子組換えというのは心理的な抵抗が大きいですので。
日本人は自然由来が好きですし。赤ちゃんのためにも人工というものは
なるべく摂りたくないですね。

ママオメガは赤ちゃんとママの健康を第一に考えてのサプリなので良質にこだわってここまでしたのでしょう。ママさんからほんの少しの疑いや小さな不安を取り除きたいということだと思います。

ママオメガはこういう人に選ばれている

ママオメガはこういう不安や悩みを持っているママたちに選ばれています。

水銀」が含まれていないか心配!

放射性物質が含まれていないか心配!

無農薬な自然派の安心なものを摂りたい!

いまの食事だけで赤ちゃんの栄養が足りているのかわからない!

赤ちゃんに栄養をあげたいけど、いろんなサプリを摂るのが大変!

自分の健康状態にちょっと自信がない…

いまはネットでいろんな情報が入ってきます。もちろん妊活中から妊娠中から授乳期とちょっと調べれば、これは危険とか、これはやってはいけないとかすぐにわかります。

それだけ敏感になるのは、赤ちゃんというひとつの生命体が
この世に生まれるにあたり、元気な赤ちゃんがほしい!
健康に成長してほしい!という当たり前の心理です。

このママオメガは妊娠中だった女性の開発者が自分の思いだけで
作ったのではないようです。

大勢のママさんや女性の声を聞いて、独りよがりにならないで
作られたものだそうです。エライですね妊娠中という自分の考え、実感だけでも
かなりの奥深いところに届きそうなものですが外にも意見を求めたことは。

ですから、ママオメガはかゆいところに手が届くサプリともいえます。
だから品質にはものすごく自信を持っているのです。

▼もっと詳しいことはコチラ(公式サイト)▼


ママオメガの商品情報・原材料・成分

コメントを残す