潰瘍性大腸炎で薬飲まないという選択肢はあるのでしょうか?潰瘍性大腸炎の悪化は薬物治療を継続すれば予防できることがだいたいわかっているようです。そこで症状がなくなってお医者様に相談無しで薬を中止するひともいるのですが、それは危険なようです。一方、薬を飲まずに潰瘍性大腸炎を治したお医者さまが存在するようです。潰瘍性大腸炎は完治が難しいといわれますが患者さんの約90%が軽症・中等症であり、薬で症状を抑えながらつき合っていけるそうです。だったら無理をしないで薬を飲み続けるほうが大事にいたらなくていいと思いますが、薬を飲まないで完治させたという話も興味がありますね。

潰瘍性大腸炎 薬飲まない

潰瘍性大腸炎を薬飲まないで治した医師が本をだしてます。

潰瘍性大腸炎が治る本―薬をやめ免疫を高めて難病を治した医師の体験メソッド (ビタミン文庫) 単行本 – 2004/6/16
西本 真司 (著)

目次
第1章 早く一人前になりたい
第2章 心の傷と病気
第3章 潰瘍性大腸炎とは
第4章 四度の再燃と闘病
第5章 潰瘍性大腸炎克服のメソッド
第6章 医師として、患者として

潰瘍性大腸炎にかかり4度の再燃ということで、かなり悪戦苦闘されたようです。
西洋の薬は使わないで、別の方策で治したのです。ステロイドを使わないで治したようです。

ステロイドに抵抗があったのですね。アトピーなんでその気持はわかります。

自律神経を整える方法や、免疫療法などを駆使して
潰瘍性大腸炎を治したのです。

潰瘍性大腸炎が治る本―薬をやめ免疫を高めて難病を治した医師の体験メソッド (ビタミン文庫)

潰瘍性大腸炎 薬飲まないで治した本の口コミは?

良かったという口コミ

●経験者だけあって具体例が豊富で、克服法や克服者の手記があることで希望を持てます

●西本先生の薬を飲まず大腸炎を治すのだという執念には感動いたしました

●本書を読んでみて、自己回復力に依拠する方法が、正しいのではないか、と

●私の主治医では教えてくれないことを、知ることができました。

●とくに、「克服のメソッド」という項目には励まされます。

ちょっと残念という口コミ

●重度で治療を受けているけど薬の副作用に悩んでいるような人には、ものたりない内容です。

●「この本にUCが治る画期的な治療法が載ってるのか!!」などと期待してしまった

●医者だから(薬のコントロールが)出来るでしょうが…

潰瘍性大腸炎 薬飲まない

こちらも同じ先生の本です。

潰瘍性大腸炎医師も患者もこうして治した―薬をやめて難病を克服した26人の詳細データ (ビタミン文庫) [単行本] 西本 真司 (著)

目次
第1章 最後の再燃から九年(再発を防ぐために長女からのメッセージ ほか)
第2章 潰瘍性大腸炎の一般的な治療法(潰瘍性大腸炎の診療ガイドライン疾患概念 ほか)
第3章 西洋薬から離脱した二六人の全データを公開(「薬を飲まずに過ごせていること」に意味発症原因 ほか)
第4章 潰瘍性大腸炎を克服した体験者の手記(自然療法、体を温める生活、心の持ち方の変化により検査結果は三年連続「炎症なし」食事のたびにトイレへ駆け込んでいたが自然治癒力を高めて薬から完全に離脱 ほか)
第5章 免疫を高める基本メソッド6(自然治癒力を高める補完代替医療食事療法の八箇条とメニュー例 ほか)

西洋薬から離脱した二六人の全データを公開というのがいいですね!
これを読むだけでもかなり希望が出て気ますね!

心の持ち方の変化で炎症がなくなるというのは、メンタル、ストレスとの強い関係が、この病気にあるのでしょう!

カラダを温める、自然治癒力、など自分の免疫力・回復力を高めて
過度のストレスのかからない人間らしい生活をおくり
できれば、欧米型の食事を控えれば、普通の人に戻れる可能性が。

潰瘍性大腸炎医師も患者もこうして治した―薬をやめて難病を克服した26人の詳細データ (ビタミン文庫)

潰瘍性大腸炎といえば安倍さんが知名度を高めた病気だとおもいますが、これって難病なんですよね。
毎日、頻繁に下痢や腹痛が起きたらとても普通の生活はおくれません。外出することが困難になりますし
西洋薬に抵抗がない人は薬を使用すればいいし、抵抗があったり、副作用に悩まされているとか
使用していてもあんまりという人は、薬飲まない方法も試してみるといいですね。

販売数量15,000セットの実績 潰瘍性大腸炎でお悩みの方におすすめのサプリメント
▼詳しいことはコチラ▼