潰瘍性大腸炎に特定の原因菌はあるのか?潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜内側の層にただれたりや潰瘍ができる大腸の炎症性の疾患です。おもに粘膜を侵し、びらんや潰瘍を形成する原因不明の大腸のびまん性非特異性炎症です。30歳以下の成人に多いのが特徴です。遺伝や食事や細菌やストレスなどが原因としてあげられていますが、ハッキリとしてはいません。世界中の研究者によりこの潰瘍性大腸炎の原因を含めた特異的な遺伝子を探すことが行われているようですが現時点では遺伝に関する明解なことは判明していないようです。原因菌で調べますと意外な名称が出てきます…

潰瘍性大腸炎 原因菌

潰瘍性大腸炎 原因菌ですがまずは原因としてあげられているものを

清潔すぎる環境、
ストレス、
腸内細菌の異常(悪玉菌の増加、善玉菌の減少)、
人工甘味料の影響、
自己免疫反応の異常、
遺伝性(家族性)、
食生活の欧米化

こういうものが潰瘍性大腸炎 原因として取りざたされています。

これって、他のアトピーとか別のわけのわからない難病にも
当てはまりそうなものばかりですね。

それでなくても近年、腸内環境、腸内フローラのことが、人間の健康に
かなり重要な役割をしているということですから。

清潔すぎる環境というのもあるでしょうね!
この潰瘍性大腸炎は先進国に多いのではないでしょうか?
調べてたわけではないですが、そんな気がします。

今の日本は過剰に清潔な国ですから…
あらゆるところに抗菌仕様が使われすぎています…

潰瘍性大腸炎 原因菌

口内細菌説?

潰瘍性大腸炎の原因菌で調べていると、歯周病など口内細菌が原因ではないかという
記事に遭遇します。

なぜ口内細菌が潰瘍性大腸炎との関係がいわれるのかというと
口内細菌から生み出される酪酸などの短鎖脂肪酸が、関わっているのではないかと

あとバリウムが潰瘍性大腸炎に関わりあるのではというのもあります。
バリウムって胃カメラのときに飲む白い飲み物ですね。

潰瘍性大腸炎 バリウムで調べると
潰瘍性大腸炎のひとはバリウム検査はダメなようです。

バリウムが潰瘍性大腸炎を悪化させる、または再燃させるということでしょうか?

バリウムをのむと潰瘍性大腸炎のひとは、悪化どころか、腸閉塞や穿孔を併発するリスクが
あるということです。こわいですね。

バリウムを飲んだことがキッカケで潰瘍性大腸炎が発症するリスクがあるのかは
よくわかりません…

販売数量15,000セットの実績 潰瘍性大腸炎でお悩みの方におすすめのサプリメント
▼詳しいことはコチラ▼