潰瘍性大腸炎の原因はなんだろう?潰瘍性大腸炎は血便や下痢の連続など日常生活をまともに送れなくなるほどです。食事制限や薬やサプリなどで潰瘍性大腸炎をなんとか寛解にもっていく努力をしている人がたくさんいるのですが、原因はというと、イマイチはっきりしませんね。いろんな説があるようですが、潰瘍性大腸炎の原因を調べてみました。

潰瘍性大腸炎 原因は

まず潰瘍性大腸炎ですが

大腸の粘膜の炎症、ただれ、潰瘍
直腸を中心として炎症が起こる
大腸にまんべんなく広がることもある

症状としては
血便、下痢、粘血便、腹痛です。

要するに大腸内が炎症をおこすことで、腹痛や下痢が頻発する病気で難病指定になっています。

潰瘍性大腸炎 原因は

潰瘍性大腸炎 原因としては

おもに

感染説
食事説
遺伝説

の3つの原因説が唱えられています。

感染説

ウイルスや細菌により発症するのではという説

食事説

日常食べている食事に問題が原因にあるのではという説

これは欧米中心の食事、とくに乳製品、肉類のおおい食事が原因ではというものです。

欧米人に潰瘍性大腸炎が多いことから、この説がでてきたようです。
日本の食事もすっかり和食が押しのけられて、脂っこい、獣肉がふんだんに出てくる
欧米食ばかりになってきました。

それと比例してこの潰瘍性大腸炎が増えてきたのではないか?という疑いが出てきてもおかしくありませんね。

遺伝説

同じ家族のなかに潰瘍性大腸炎にかかる方が複数でているそうです。これは難病ですからね
そうすると遺伝的に腸内が弱いとか、デリケートな腸の人は発症するという考えになりますね。

潰瘍性大腸炎は免疫のシステムが異常にはたらくということらしいのですが、
はっきりした原因は不明の状態です。

潰瘍性大腸炎はただ食事を制限して良くなる人もいるようですから
生まれながらにして腸が弱い+欧米中心の食事

つまり食事説+遺伝説がいちばん説明がつくような気がしますが…

ただ食事をコントロールする、つまり
低脂肪
低残渣
低刺激

で獣肉、乳製品、などを排除した食事をしても
良くならないという人もいるので、

そうすると、ウイルス、細菌などの感染説も考えられます…

ちなみに欧米の食事うんぬんより、保存料とか添加物とか植物油脂
のほうが原因ではないかなと考えていますが。

いちおうこれも食事説の範疇にはいるのでしょう。

あとこれにストレス過多が加わると、発病することもあるのでしょうね。ストレス説ですね。
潰瘍性大腸炎はメンタルと食事と腸内のバランスが大事なのかもしれません。


UCは現状、原因がわからないので完治の基準が定められません…
だから寛解って言うしかないんですねー

販売数量15,000セットの実績 潰瘍性大腸炎でお悩みの方におすすめのサプリメント
▼詳しいことはコチラ▼


潰瘍性大腸炎 原因は

潰瘍性大腸炎 原因は