潰瘍性大腸炎の食事ですが活動期と呼ばれる症状が起こっているとき、激しいとき血便とか下痢ばかりとか。そういう活動期と平静期がありますが、活動期のときの潰瘍性大腸炎の食事はどうしたらいいのか?きちっと注意点を守れば食事制限できます。そんなに困難な食事制限ではありません。この食事制限をするからこそ、潰瘍性大腸炎の症状が鎮火されて平静状態、寛解にたどり着くわけですね。潰瘍性大腸炎の活動期の食事のことを調べました。

潰瘍性大腸炎の食事 活動期ではどうすればいいの?

潰瘍性大腸炎の活動期とは、血便、粘血便、下痢、が頻繁に現れる状態のことです

潰瘍性大腸炎 活動期の食事は

高カロリー
低脂肪
低残渣
低刺激

がよくいわれていることです。

活動期は上記の食事をとって
さらに、おかゆとかスープとか流動食
ともかく胃腸に負担をかけない食事を
おすすめします。

潰瘍性大腸炎の食事 活動期に控えるもの

潰瘍性大腸炎 活動期の食事をさらに詳しすると

植物油を控える.
肉類を控える.
高脂肪な乳製品を控える.
食物繊維を控える
固いものを控える
刺激のある香辛料とか控える
冷たいもの、飲料を控える
過食しない
よく噛んで食べること

食物繊維を控えるというのは
便秘患者への食事と真逆ですね。

活動期はすこしでも胃腸にやさしくデリケートに
接しないといけないよ!ということです。

はれものに触るような感じですね。

高脂肪な乳製品とはチーズ、ヨーグルト、牛乳、生クリーム、アイスクリームなどです。
脂肪のない牛乳もあるのでしょうが、あまり牛乳は腸にいいイメージがないですね。

ココに書いてあることの半分くらいは
過敏性腸症候群の人へも当てはまりますね…

潰瘍性大腸炎の食事 活動期が鎮火されたら?

潰瘍性大腸炎 食事 活動期がすぎて症状が起こらなくなったら
普通の食事をしていいそうです。

症状が起こらない、つまり寛解したら、過度の食事制限はしなくていいのです。
充分な睡眠をとって、規則正しい生活をしていれば普通の食事でいいのです

でも油ものや刺激の強いもの、冷たいものなどには注意を払ったほうがいいですね。

いまの食事は、とくに外食とか舌を洗脳させるというか
より刺激のある食べ物、過度の甘い物などにどんどん舌が慣らされていってます。

自然に、カラダに良くないものが溜まっていって、潰瘍性大腸炎に戻ってしまう、
再燃ですね。または別の病気にかかってしまうかもしれません。

ともかく寛解しても、外食には気をつけましょう。
外食は、味付けでものすごくおいしく出来てますから…

外食や油料理は、ほどほどにするのがいいですよ。
植物油脂がたっぷりはいっているような、お菓子、スナック、アイスもですよ!

再燃してからでは辛いですからね。

販売数量15,000セットの実績 潰瘍性大腸炎でお悩みの方におすすめのサプリメント
▼詳しいことはコチラ▼