ドラマ「オーファンブラック」初回からアメリカBBCの日本版リメイクということで注目されてましたが、主人公沙羅役の演じる知英(ジヨン)さんへのネットでのものすごい反響がありました。
「オーファンブラック」主演の知英(ジヨン)さんの経歴と役柄、そして演技の評価や日本語力の評価などをまとめました。

スポンサーリンク

オーファンブラック知英 経歴

知英 ジヨン
本名 姜知英(カン・ジヨン)
別名義 JY(ジェイワイ)
生年月日 1994年1月18日(23歳)
出生地 韓国・京畿道坡州市
身長 168cm

2008年: 女性アイドルグループKARA(カラ)に加入
2014年: KARAを脱退、日本で女優活動を開始
2016年: ソロ歌手デビュー
事務所 DSPメディア(2008年 – 2014年4月)
     スウィートパワー(2014年8月 – )

オーファンブラックで主役で7人の役を使い分けるのが知英(ジヨン)さんです。

韓国ソウル市内の女子高校を卒業して、現在は成均館大学校を休学中。

現在は芸能活動のメインが日本ですから大学卒業は難しいのでは…

KARAを脱退して女優活動に専念 日本では黒木メイサさんが在籍している事務所に所属しています。

堀北真希さんが活動休止前まで所属していた事務所としても知られています。

語学には堪能で特技は日本語の早口言葉というから、これも日本でドラマに起用される際に売りになります。

本人は嵐の松本潤のファン。女優と言ってもジャニーズが好きなところはどこかお高くとまってなくて好感度UPでしょうか。

スポンサーリンク

オーファンブラック 知英の役柄 沙羅とは

青山沙羅(ほかに6役):知英

施設育ちの孤児で貧困に喘いでいる、金に困ってるいまでも違法薬物の売買に絡んでいる。
子供を育ての親に奪われ、さらに仕事場でいじめにあいケンカ騒ぎでクビに。
そしてたまたま遭遇した女性の列車への飛び込み自殺現場でその女性の持ち物を盗んでしまい
整形をして、その女性になりすまし、そのことによっていろんなことに巻き込まれていく

ドラマの「オーファンブラック」元々はアメリカのBBCが制作しているドラマ。それの日本版リメイクが今回の知英さんが主人公のドラマになります。

主人公サラとと同じ顔をもつ人物(クローン)が世界中に7人存在するという設定、主人公サラがそのクローンの秘密を追っていくストーリー 

遺伝子操作やクローン人間の問題がドラマの中核になります。

知英さんは7人の女性を演じ分けなければいけないので大変ヘビーな役柄だと思います。

7人とももちろん生育歴が違うので、キャラクターを演じ分けるのが混乱して

ノイローゼにならなければ良いと願っています。

知英さんはこのドラマの期間だけ「多重人格者」の気持ちを疑似体験することになります。

これからの知英さんにとって貴重な財産となるにちがいありません。

撮影が始まって、1週間ですでに6役分を何かしら演じました。私は1人しかいないので、監督さんやスタッフさんを信じて、一緒に作っていく感じです。

1週間で6役を演じるのは想像がつきませんが、本当に多重人格になるのではと心配しちゃいます。

このドラマの撮影期間中は知英さん自身、私生活でも混乱が起こる可能性があるのでは?

それとも、ただ「7役を演じ分けるだけ」と割り切って臨んでいるのかもしれません。

この「私は1人しかいないので…」のところはグッと来るものがありますね。

こんなこと言われたら監督やスタッフは彼女のために一生懸命入れ込んでしまいます。

異国の地で1人で頑張っている知英さんを応援したくなってしまいますね。

オーファンブラック知英  評価は?