元大王製紙の井川意高御曹司が現在の暮らしや獄中のことをサンジャポでかたります。井川意高さんはカジノで巨額の借金をおいそれを自身の会社大王製紙の小会社から借り入れていたものの返済不能になり逮捕されて実刑判決で服役していた御曹司です。芸能人との豪遊も有名で女性タレントの名まえも出てきていますね。現在の暮らしぶりは?サンジャポ発言録はこの記事の一番下です。

スポンサーリンク

井川意高 現在の暮らし…サンジャポ

井川 意高(いかわ もとたか)
昭和39年7月28日生まれ 53歳
大王製紙の前会長 大王製紙創業家3代目

愛媛の地元公立小学校卒業
筑波大学附属駒場中学校卒業
筑波大学附属駒場高校卒業
東京大学法学部卒業
42歳で大王製紙の第6代社長に就任

海外でのカジノでの賭けで巨額の借金返済するために
大王製紙の子会社7社から巨額な金を個人的に借り入れ
返済不能になり、特別背任の容疑で東京地検特捜部に逮捕された

スポンサーリンク

井川意高 現在の暮らし…サンジャポ

「お菓子がたべられる」 囚人のランクがあって態度が良いとランクがあがるのだそうです。 お菓子を食べられるように頑張るんですね


こいつ、普通にアホやろ… 途中まで読んでて頭クラクラしてきたので休憩。 井川意高 熔ける


大王製紙・井川意高元社長の巨額資金使い込み事件のお陰で、元勤務先(井川家経営の会社)が倒産したから笑えない。社員に社内にいくらでも転がっていたエリエールの現品支給すらしないセコい会社でしたが…



Q.2011年カジノで106億円を使い込んだ大王市の前会長・井川意高が手記の中で「ローションティッシュを段ボール1箱送った」と書いているグラビアアイドルは誰? A.ほしのあき ★ufu(ウフ)というエリエールで一番高いローションティッシュだった。



井川意高の本を読む。田舎少年が都会に出て失敗といった構図? 京都が出てきて判断違いと修正。小4まで愛媛育ちの田舎嫌い。祖父をチビコンプレックスと書いたでたらめ佐野眞一に一緒になって怒り、胸痛むほど共感。人の良さなど伊勢吉さん似のせいかも。



カジノで100億円負けて特別背任罪で逮捕された大王製紙の前会長の井川意高氏って去年の終わりに仮出所してたんだな、久しぶりに見た(´・ω・`)


大王製紙前会長の井川意高氏の自叙伝です。 幼少から大王製紙の創業家の長男としてゴルフクラブで殴られながら勉強に励んだ日々


中学生からすでにパソコンの世界にのめり込む堀江さんの先見性。凄い。。 それにしても二人の神童っぷりというか、地頭のキレっぷりに感動の域


「最後の1円がなくなるまで、ギャンブルの勝ち負けは決まらないんだぜ」井川意高

あの大王製紙の御曹司社長とホリエモン‼ 実業家から一転、衛生係と図書係に… 

井川意高「ゴルフクラブで殴られながら英語を勉強した」に勘当(´;ω;`)ブワッ

井川意高 現在の暮らし…サンジャポ


東大から刑務所へ (幻冬舎新書)

第0章 おかえり井川さん―出所直後の井川さんをお出迎え
第1章 華麗なる経営者時代
第2章 悲劇は、いつも突然訪れる
第3章 人生で一番の孤独
第4章 東大生 in 刑務所(獄中メシ篇)
第5章 東大生 in 刑務所(獄の愉快な仲間たち篇)
第6章 井川家のサラブレッドと福岡の雑草
第7章 シャバに戻ってきた井川と堀江

大学在学中に起業したライブドアを時価総額8000億円企業にまで成長させながらも、
世間から「拝金主義者」のレッテルを貼られ逮捕された堀江貴文。

大王製紙創業家の長男として生まれ、幼少時代は1200坪の豪邸で過ごし、東京へ
長男ということでゴルフクラブで殴られながら勉強を強いられたという
42歳で3代目社長に就任しましたが、ハメをハヅしすぎてカジノで106億円を借金と使い込み!
会社を私物化したとして逮捕された井川意高。

ふたりともなんと元東大なのに転落して刑務所に入るという失意の人生!
行きてきて初めて学んだ世間の冷たさや手のひら返し世の中の清と濁…
東大で絶対に教えてくれない「どん底を経験した人間が送る強く生きる極意」

〇〇は死ななきゃ治らない

井川氏「特別背任のグレーゾーンはよくわかっていなかった」
堀江氏「あれのどこが犯罪なのか。いまだに納得していない。」

自分の罪を反省している感じゼロ。
刑務所に入った理由は「世の中が間違っている」または、「世の中がバカだから」、或は「ついてなかった」という感じでしょうか。本書では逮捕を「悲劇」と表現しています。
また、お二人とも「オレは頭がいい」「一般人とは違う」と強く思っておられるようで、この本は高みから世間を見下ろしている感じの構成になっています。ふたりが世間を見下す柱のひとつが「東大」。その東大に入学した経緯(というか自慢話)が延々綴られています。それと「大金を動かした」「すごい事業をやった」という話も長々語られます。ふつうなら、オジサンふたりの自慢話は退屈で失笑ものですが、今回は、典型的な「懲りない面々」といった感じで少しは楽しく読めます。(というか、偉そうなこと語っても犯罪者として逮捕れてうわけですから、なぜこんなに偉そうに語れるのか不思議)今後も「反省」など金輪際しないであろう元犯罪者のお二人には痛快さすら感じます。

元犯罪者同士の対談本ってめったに見られないと思うので貴重だと思います。

まともなホリエモンと突き抜けている井川モッタカ

東大→大金持ち→刑務所コースを辿った二人の対談。
異常なバイタリティや極端な合理性は別として、庶民出身のホリエモンはまだ理解しやすい。
それに対して、大王製紙元会長の井川は、根っからの遊び人のようで、突き抜けている。「〇〇ですな」などという口調も、落語に出てくる道楽をし尽くした若旦那のようだ。
「熔ける」で見せた懺悔はどこへやら、井川がまったく反省していないのには感心した。「逮捕のおかげで日本賭博史に名を残せた」と言うくらいだから。
「むしろ独房は独房は究極のプライベート空間ですわ」(井川)には、声を出して笑ってしまった。
人生、どのように生きても良いということが分かる本。
面白かったです。

人間は必ず再び立ち上がれる。

刑務所なんて絶対行くことない。そう思う人に読んで欲しい。そしてそのキツイ時期を乗り越えた人達が、今何を考えているのか。井川さんの「はじめに」も良かったが、ホリエモンの「おわりに」は鼻の奥が熱くなる。今、人生がうまく行かないと嘆いている人にこそ、読んで欲しい。荒波を乗り越えた2人の言葉は重い。

人間万事塞翁が馬

ホリエモンと大王製紙元会長 井川意高氏の対談形式で、お互いの半生を語っています。(雰囲気は、ホリエモンとひろゆきの なんか変だよね 的な感じ)

一部上場企業の創業者一族として生まれた井川氏と、福岡県八女市でごく普通の共働きの家庭で育ったホリエモンが、東大を経由し、特捜、刑務所、出所後という共通項についてわかりやすく書かれてると思います。特捜に狙われたら終わり、、とかね。拘置所の座布団の差し入れのくだりもなるほど!?でした笑

ホリエモンについては、井川氏とのお互いの逮捕前の接点以外は新しい情報はありませんでしたが、井川氏に関する情報は、マスコミの「FXで損失損失」「小学生から飛行機とタクシーで東京の塾に」といった断片的な情報しか知らなかったため、人物像がよく理解できました。

印象に残ったのは、一連の事件を経て「人間万事塞翁が馬 」と、悟りに近いコメントがホリエモンから出たことです。 人生の幸不幸は選択できないので、その場その場を受け入れ、最善を尽くす。そうすれば、道は開かれる

今年のロケット打ち上げの後とされる上記メッセージから、またまた自身の背中を押してもらった気がします。ありがとう。

スポンサーリンク

井川意高 サンジャポ出演 ネットの声

サンジャポも毎週毎週大変だな。ゲスの次は財界の真っ黒。井川意高元会長は典型的なダメダメボンボンで救いようがないくらい真っ黒なのがWikipediaだけでも伝わるwww


井川意高さん、こんなチャラい責任感もない人が会社経営をしていたとかカジノで106億円使いこんだ件で何らかの被害を受けている社員は、ふざけんなって感じだろうな


カジノの客あるあるをテレビでサラッと言っちゃうこのオッサン… ちょっとウケた

元大王製紙社長の井川意高さんがサンジャポに出て面白すぎて家から出れないw

井川意高氏 清水良太郎被告が収容される可能性の東京拘置所に指摘

井川意高 こいつ全く反省してないわ。株主は黙っているんか?

不覚にも井川意高に大笑いしてしまった

元大王製紙の井川さんと麻雀してえな。

井川意高ってギャンブルのか!!!

井川高雄 よくテレビでれるな

井川さん、普通に馴染んでる。

井川意高、外見変わりすぎ

全く反省の色が見えないね

53には見えない!肌ツヤがいい

お、筑駒OBの大王井川がテレビ出てるぞ

井川さんとうとうサンジャポに出ちゃったw

井川 意高はん53才って ごっさ若く見えるな 一回り以上若く見えるな

元大王製紙会長の井川ってやつよくいけしゃあしゃあとTV出れるよな笑

井川さんおもしろいなぁ。うちの子も大王製紙のグーン使わせて貰ってますよ

井川意高さん サンジャポに 出演か。。。愛媛県民としては。。。。複雑・・

井川意高大王製紙前会長、意高なんて名前なのにめちゃくちゃ意識低そうで笑う。

大王製紙 井川 106億円、カジノに預けたままとの発言!全く反省してネェな!アホな奴!金返せよ


井川、馬鹿丸出し 3億払って保釈? 拘置所に1ヶ月いても反省はしない それはお前のことだろ! 愛媛の恥さらしが!


ありゃ井川意高元会長は現職のときはもうちょっと大企業の経営者っぽい風貌だったのねぇ。今はもうなんのたがもないから見た目にも本性出ちゃってるのかなぁ。

スポンサーリンク

井川意高 サンジャポ発言録

東京拘置所に一ヶ月いた
C棟の11階 右となりが死刑囚のおじいさん
食事もまあまあ
小菅ヒルズなんて言われる
あそこに一ヶ月二ヶ月いても反省しないでしょうね(清水アキラの息子の話題で)
私は反省しましたよ
保釈金3億円



私麻雀やりますから一緒にどうです
カジノはまだ行ってないですね
100億預けてるんで、いつかは行きたい
日本でカジノが開かれることに反対ではない
向こうには106億預けてある
暗証番号がむずかしいんですよ 毎回変わる

「こいつ反省してねえぞ!」同じゲストの声


安倍さんがトランプさんと行くお店は多分あそこ…


「高校時代ヤンチャだった?」
高校時代真面目でしたよ
制服もないし出席もよかったんで毎日同級生と雀荘にいってました

「真面目じゃないじゃないか」
「お前バカだよ」太田



これで井川さんのサンジャポでの発言は全てです!
サンジャポは1時間25分の番組ですが、
ゲストは井川さんだけではありません。

いろんな人達が時事ネタを振られて意見を言うのですが、
井川さんが話す時間はトータルでも5分くらいでした。
肝心の現在のくらしぶりは話されませんでした…。


井川意高 バカラ1時間で150万が23億になる話

さて井川意高さんですが、テレビ東京の「じっくり聞いタロウ」
という真相告白バラエティ番組に出演しまして
いろいろ事件の話をしているのですが

このなかで、バカラ賭博にのめり込み借金がかさんでいくのですが
ある日、軍資金が150万しかなくなります。

その150万でバカラをしたら1800万になりました!
そこから奇跡的な勝利の連続で、なんと
たったの1時間たらずで23億円に膨らませたのです!

この奇跡奇跡の連続劇は下記の記事に詳しく書いてありますので
ぜひ御覧ください↓↓↓↓↓

井川意高さんの関連記事はコチラ↓
井川意高 バカラ1時間で150万が23億になる話「じっくり聞いタロウ」視聴録

スポンサーリンク