中川郁子 石川香織 聖心OG+旦那身代わり十勝戦争。北海道11区の現職で故・中川昭一元財務相の未亡人の郁子さん(58)に旦那さんの身代り出馬で挑むのは石川香織さん(33)である。 夫 で元議員の知裕さん(44)が出馬したが政治資金規正法違反で公民権停止が解けてないので衆院選に間に合わないのです。そこでこの急場を凌ぐのが妻の石川香織さんです元アナウンサーで美人ときてます。あと共産党の候補も女性です。中川郁子さん石川香織さんの聖心OG同士、旦那身代わり同士で新十勝戦争と呼ばれるのか?

スポンサーリンク

中川郁子 プロフィール


若い頃はかなりの美人だったでしょうね。
YOUTUBEより引用


中川 郁子(なかがわ ゆうこ)
自民党衆議院議員
1958年12月22日(58歳)
新潟県高田市出身
聖心女子大学文学部卒業

故中川昭一の妻
義父は中川一郎
夫との間に一男一女

聖心女子大学外国語外国文学科卒業後、三菱商事に入社OLとして1年間勤務後、1982年に日本興業銀行行員だった中川昭一との結婚を機に退職した

夫中川昭一が落選後、急死したあと後継候補となり当選、議員になる


週刊新潮の路チュー報道



2015年3月 自民党衆議院議員の門博文との不倫関係が、週刊誌『週刊新潮』にて報じられた
門と中川が六本木の路上で接吻している写真が掲載

スポンサーリンク

石川香織 プロフィール


こちらも美形です。
YOUTUBEより引用

石川 香織(いしかわ かおり)
旧姓 阪中
東京都出身
1984年5月10日(33歳)
聖心女子大学文学部哲学科卒業
日本BS放送アナウンサー(2007年 – 2011年)

配偶者 石川知裕(元衆議院議員)
夫の間に男児1人

中川郁子 石川香織 聖心女子大対決。

衆院選2017 北海道11区の聖心女子大学OG対決

中川郁子(自民)58歳=聖心女子大外国語外国文学科卒業(1981年)

石川香織(立憲民主)33歳=聖心女子大文学部哲学科卒業(2007年?)




お二人が卒業した聖心女子大はこんなところです。


聖心女子大の有名OG

皇后美智子さま!!!
緒方貞子
曽野綾子
藤真利子
真野あずさ
幸田シャーミン
千野志麻
他に女子アナ多数



スポンサーリンク

中川郁子 旦那の身代わり対決

衆院選2017 北海道11区の旦那の身代わり対決

未亡人の中川郁子さん

中川郁子(自民)58歳

夫の中川昭一56歳で急死
当初議員になるつもりはなかったが知人に推されて公募に応募
当選して議員になる
現在当選2期目

夫の中川昭一さん

タカ派政治家として鳴らして安倍総理の盟友でもあった
財務大臣時代、酩酊会見をした。


義父の中川一郎さん

「北海のヒグマ」と呼ばれた父の中川一郎の後を継いだ

石川香織 旦那の身代わり対決

妻の石川香織さん

石川香織(立憲民主)33歳

夫の石川知裕が「陸山会事件」で逮捕され有罪判決 公民権停止が解けず
妻が衆院選に出馬することに

夫の石川知裕さん

 

早稲田大学商学部卒業
小沢一郎の書生になり、秘書に
衆議院議員になる 当選3回
「陸山会事件」政治資金規正法違反で逮捕され有罪判決

本来は、夫で元職の知裕氏(44)が名乗りを上げるはずが、小沢一郎代議士の元秘書3人の有罪が確定した「陸山会事件」で未だ公民権停止中。タッチの差で出馬が叶わなかったという。

私はなんて運の悪い男なんだろうと思っています

 と、嘆くのは、当の知裕氏ご本人だ。

「公示日に公民権停止処分が解除されていなければいけないのですが、2週間足りなかった。手前味噌ですが、妻はアナウンサーの経験もあって人前で話すのも苦にならない。前回選挙でも支援者の方々から出馬要請があったほどですから」


中川郁子 石川香織 公約は?



ツイッターより引用

中川郁子 石川香織 選挙戦キーワード

衆院選注目区レポート、十勝地方の北海道11区です。

夫の代わりに出馬した妻どうしの一騎打ちは終盤に向け熱を帯びています。


立憲民主党の新人、石川香織氏。東京の聖心女子大出身の元アナウンサーです。元衆議院議員の夫・知裕氏が政治資金規正法違反の有罪確定により公民権停止中で出馬できず、衆議院の解散直前に石川氏の立候補が決まりました。
石川氏は3歳と1歳の子どもがいる母親です。基幹産業の農業の発展とともに農家の子育て支援策などを訴えます。候補を立てなかった共産党の支援も受ける野党統一候補ですが夫のワンポイントリリーフという見方をかわそうと必死です。

元アナウンサー
公民権停止中の夫
3歳と1歳の子どもがいる母親
農家の子育て支援策
野党統一候補
ワンポイントリリーフという見方も



自民党の前職、中川郁子氏は亡き夫の昭一元財務大臣の8回忌のこの日、3選への思いを語りました。夫の遺志を引き継いだ中川氏。聖心女子大の後輩の石川氏には、義理の父の中川一郎元農水大臣から続く「中川王国」で負けるわけにはいきません。選挙戦では与党議員としての実績をアピールし、高速道路の建設や去年、十勝を襲った台風からの復旧と災害対策を訴えます。しかし、逆風も…2年半前の同僚議員とのスキャンダル報道です。元代議士の妻どうしの一騎打ちは大接戦が続いています。

夫の遺志を引き継ぐ
「中川王国」
与党議員としての実績
高速道路の建設
災害対策
同僚議員とのスキャンダル報道

スポンサーリンク

中川郁子 石川香織 北海道11区とは


衆議院選挙区北海道11区

1. 帯広市 / 2. 新得町 / 3. 清水町 / 4. 幕別町(旧幕別町地区) / 5. 池田町 / 6. 豊頃町 / 7. 本別町 / 8. 音更町 / 9. 士幌町 / 10. 上士幌町 / 11. 鹿追町 / 12. 芽室町 / 13. 中札内村 / 14. 更別村 / 15. 幕別町(旧忠類村地区) / 16. 大樹町 / 17. 広尾町 / 18. 足寄町 / 19. 陸別町 / 20. 浦幌町

地元
中川家=広尾町 
石川家=足寄町
 鈴木宗男、松山千春の地元ですね

・全国で2番目に面積が広い選挙区
・中川一郎時代から続く中川家の地盤であり、その圧倒的な強さから「中川王国」とまで呼ばれた
・後継の中川昭一も圧倒的な強さを誇る
・小選挙区制になっても強かったが2009年の選挙で民主党の石川知裕に破れた

wikipedia北海道11区



まあ、大多数の議員が同じようなものですが。今朝も中川郁子の選挙運動をスクープしていたが、土下座とか、声を張り上げたりパフォーマンスばかり。当選すれば政策等で存在感なしですもんね。力が入るのは選挙の時だけ。

衆院選北海道11区は自民党の中川郁子氏と立憲民主党の石川かおり氏の女性対決らしい。故中川昭一氏の奥様と政治資金規正法違反で公民権停止中の石川知裕元議員の奥様。ご主人が亡くなられて奥様が立候補は理解できるが、ご主人が公民権停止中だから奥様がって...

中川郁子が国会議員になれると言うことは地盤に支持層がしっかりしてると言うことなんやろなぁ政治家の資質関係なしに選挙で勝てるのは小選挙区制度じゃ無くても起きうる事やからでも必ずしもそれが悪でもないんよね。中川昭一氏の亡くなったの痛いなぁ

関連記事はコチラ↓
中川郁子破れて石川香織が初当選。ネットの声は?

スポンサーリンク

コメントを残す