山中伸弥 家系とルーツ ファミリーヒストリーノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学 iPS細胞研究所の山中伸弥教授が自身の人生を振り返り 、整形外科医を目指したが医者としてはダメで挫折。この挫折があって研究者野道へ進むのだが。これが山中伸弥さんの運命を変えるのです。特大ホームラン級の発見をしてノーベル賞を受賞します。世界の山中になります。その山中さんのファミリーヒストリーに迫ります。山中伸弥 家系とルーツ ファミリーヒストリー


スポンサーリンク

山中伸弥 家系とルーツ ファミリーヒストリー

スポンサーリンク

山中伸弥 家系とルーツ ファミリーヒストリー






山中伸弥さんのルーツが明かされます、それも山中さんも知らなかった未知の領域です~ルーツにある町工場の魂が脈々と流れていまの山中伸弥さんのノーベル賞につながるのです。 iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥さんの大阪で町工場を経営していた祖父と父。特許をとって新製品を売り出すまでの困難に立ち向かう姿にいまの山中さんの原点を見増す。そして山中伸弥さんにも謎だった母のルーツにも迫ります

大分の原野を切り開いて生活をしていたようで苦難の歴史が忍ばれます。山中伸弥さんをどんな役者さんが演じるのかも興味がありますが、たぶん無名の役者さんだと思われます。ご本人も見ていて恥ずかしいのではないでしょうか?でも山中伸弥さんの先祖が主人公ですから、あまり登場するシーンはないですね。たぶん山中さんが似てないな~という感じの両親役がでてくるのでしょう。



山中伸弥 父親の家系とルーツ





大阪府東大阪市額田町が山中伸弥さんの父方のルーツのようです




↓政右衛門=額田
↓浅右衛門=額田
↓政七
↓熊吉(山中の祖父)=新喜多で暮らす 桜宮小学校卒  山中製作所興す
↓章三郎=現高津高校卒 現同志社大理工学部卒
↓伸弥




山中伸弥 母親の家系とルーツ




山中伸弥さんの母方、須貝家のルーツは佐用町です。



信一=大阪で溶接工場を経営
美奈子=県立伊丹高等女学校4年で退学 一家で大分にいき開拓農家に、 ひとり大阪に戻り銀行に勤める





大分県別府市 開拓に入ったのは十文字原


十文字原 木ばっかしのところで、こんなところで畑を耕せるのか?

美奈子も泥まみれんなって農作業を手伝う

美奈子はひとり大阪に向かう、昼は近畿相互銀行に勤め 夜はアルバイトで仕送りをする

開梱した土地を進駐軍に取られる

残った須貝家は別府、鉄輪(かんなわ)温泉に移り住み土産物屋を始める

職場の男性に誘われた集まりで山中章三郎と出会う

昭和30年 山中章三郎と須貝美奈子は結婚する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
章三郎が工場をついだが経営難で整理


一家は岡山の児島にいく  かつて取引のあったミシン製造会社に雇ってもらう



昭和35年 大阪に戻る  山中製作所を再興



スポンサーリンク