青山真麻という女性が俳優の袴田吉彦の浮気相手の方ですがこの人がキッカケで袴田さんは離婚に追い込まれます。これは週刊新潮の報道が発端ですが、この青山真麻さんは元グラビアアイドルでシングルマザーで10歳になる子供が居るということです。


テレビにコメンテーターとして出演している元週刊誌記者がこの女性の暴露があると予告していたのですが、その通りになりました。たぶん週刊誌時代の人脈でいち早く情報を仕入れたのでしょう。


さてこの青山真麻さんですが、袴田吉彦さんの次に別の男優の名前を暴露したのです。それが塩谷瞬さんというかたです。彼女がどういう考えがあり交際遍歴を暴露したのか事情があるようですね。


青山真麻の暴露はハニートラップ?袴田吉彦、塩谷瞬、…

青山真麻
あおやままあさ
本名N・Aという噂
1985年1月23日生まれ 32歳
身長168㌢
特技:英会話、キックボクシング、日本語教師

実は小西真奈美に似ている?
元グラビアアイドル?
子供一人いる

過去に「やおとめあいり」名義での活動

過去にトラブルがあり芸名をかえていたようで、それが私生活からくるのか芸能活動から来たものなのか不明です。それとプロフィールも不明な点がおおくよくわかりません。シングルマザーということで生活するために頑張っているのでしょう。


英会話、日本語教師ということで結構、アタマのいいかたのような気がします。

青山真麻という無名グラビアアイドル

袴田吉彦さんの浮気相手として突如でてきた青山真麻さんという無名の「グラビアアイドル」に世間も興味津津。「青山真麻って誰?」というのが本音です。青山真麻さんは現在、撮影会での仕事などをしているようです。

どういう経緯で週刊新潮にこの記事がでたのかですが、

週刊誌側がキャッチしたネタなのか?
青山真麻側が売り込んだのか?



いまのところ青山真麻さんが売り込んだと見られてます。

「この女性は、現在“青山真麻”という
名前で活動しているタレントです。本名の
イニシャルはN.Aといいますが、このほか
にいくつも名前を持っていて、誰も
『新潮』に書かれている“ダンサー”という
肩書での活動は知らないはず。

数年前には、都内の有名劇場に出演する
踊り子だったはずですが・・・」

この青山真麻さんですがダンサー、踊り子をしていることもあるようです。

週刊新潮に売り込んで成功したので、さらに別の週刊誌に男性遍歴を暴露するというのですが
それがだれなのか?

青山真麻は「訳あり物件」?



変幻自在の顔を持っているようです 青山真麻さんは…



青山真麻さんですが噂を総合しますと「訳あり物件」なのだと言われています。

「彼女は現在Aという名前で活動する撮影会モデルで、
名前や肩書を何度も変えては再デビューしてい
る“訳アリ物件”です。袴田がどこまで知っていた
のかはわかりませんが、10歳すぎの子供がいる
シングルマザーで・・・」

名前や肩書を変えて何度も再デビューというのが訳ありなんです。何かのトラブルがかつて有りそれで改名を余儀なくされたようです。ズバリストーカーでしょうか?でもそのワケアリで改名を続けて再デビューをするというは、飽くなき「有名になりたい」という願望の現れなのでしょう。

それを如実にあらわしているのが青山真麻さん自身のツイッターです



新潮記事が発売前には、『これから世間に名前が出ることになりそう』とツイート
新潮発売日である日には『元じゃないよ、なうだよーw』と“元グラビアアイドル”と
いう表記が気に入らなかった様子。

青山真麻暴露 ネットでは



青山真麻の直撃インタビューの中身…






その後、フジテレビ「バイキング」の取材に応じます

かいつまんで言うと

「注目されるというのはわかっていた」

「売名行為だと言われることは仕方がない…」
「(袴田)彼に自分のことを思い出してほしかったから…」
「彼にメッセージを伝えたかった…」

さらに青山真麻さんは新潮の取材をうけたことで

「チャンスをもらった…」
「チャンスが有ればしっかりやっていきたい…」
「しゃべくり007に出たい…」
深田恭子さんみたいになりたい…」

さらに「芸能界で売れたいか」と聞かれて

「みなさん あると思う…」
「つながりを求めて…そういうチャンスはどこかに有ると思う…」

さらに「他に付き合ってる有名人」がいるのか聞かれて

「俳優さんやダンサーさんとか…」
「5,6人…」

この質疑応答をみてますと、売名行為と見られても仕方がないと青山さん自身認めてます。

青山真麻の暴露第2弾 塩谷瞬


袴田吉彦さんの浮気相手で知名度を上げた青山真麻さん。青山真麻自身が『週刊新潮』に情報を売り込んだと言われていますが、既婚男性をもてあそんで捨てた男への復讐でしょうか。他にも芸能人で不倫相手がいるらしく、いつその情報を売るか考えているのか、「俳優S」と再び元交際相手の情報を売ったようで、そこで出てきた名前が「塩谷瞬」さんという俳優。





塩谷 瞬
しおや しゅん
俳優
1982年6月7日 (35歳)
石川県金沢市出身
身長177 cm
愛称はシオシュン
塩谷瞬俳優事務所所属

幼少期に両親と離れる、小学生時代から新聞配達、中学生時代からほぼ一人暮らし、学校にはあまり登校せず

2002年 テレビ朝日「忍風戦隊ハリケンジャー」のハリケンレッド役でデビュー
2004年 映画「パッチギ」主演

週刊新潮で報じられた、いや暴露された青山真麻さんの2人めの交際相手は塩谷瞬さんでした。「二股号泣俳優」という呼ばれ方をしています。イケメン俳優さんには格好よくないイメージです。

袴田吉彦さんは既婚のですが塩谷さんは独身です。

「私が彼と初めて会ったのは2010年の春頃のことでした。ある映画監督の自宅で開かれたパーティーに誘われ、
行ってみたところ、監督から“イケメン俳優が来るから”と言われた。誰だろうと思ったら、それがだったのです」

「だから、顔を見てもわからなかったけど、かっこいいな~と。その日は朝までみんなで飲んで、解散になったんですけど、
私も彼も酔っぱらっていて、“もう少し一緒にいたい”と、恵比寿にある彼のマンションに行くことになりました」

「まったりした後、マンションの中にあるジムに行くというので、連れていってもらったんです。
瞬はウォーキングマシーンで歩きながら、ずっと台本を読んでいて、こんな風に勉強するんだ~と驚きました。
一方で、風呂に入る時はキャンドルを付ける、ロマンチックなところもありました」



「瞬だったのです!」が2人の関係を物語ってます。親密な交際だったのです


2010年にふたりは知り合い交際に至ったようです。青山真麻さんは『都合のいい女』として、塩谷瞬と交際していたようだと新潮は報じています。


気まぐれ電話に付き合わされた
夜中に呼び出されてDVD見るのに付き合わされた
彼には本番中に噛み癖がある
部屋には呼ばれるけど食事には連れて行ってもらえなかった
誕生日になにもプレゼントしてくれなかった
体調崩しても親身になってくれない



などなど塩谷瞬さんへの不満をぶちまけてこの記事は終わっています。

売名行為といえば売名行為ですね、そのごはなりを潜めているようですがいつかまた暴露が復活するかヒヤヒヤしている男性芸能人はいるのでしょうね。

袴田吉彦といい塩谷瞬といいイメケン俳優ですが、それがなんで無名のグラビアアイドルと交際に至るのかふしぎですが、彼女には不思議な魅力があるのかもしれません…



関連記事
袴田吉彦の女性遍歴 女優からグラビアアイドルに変えた分岐点
袴田吉彦の件 TBSアナウンサー高野貴裕が批判した事
袴田吉彦の元嫁 河中あい 離婚拒否から一転離婚のワケは

スポンサーリンク