元フジテレビアナウンサーでフリーアナに転身したばかりの笠井信輔アナウンサー(56)ががんであることを告白して話題になっており、連日ワイドショーで取り上げられています。

 

といってもフジテレビのワイドショーばかりですが…他局はスルー?フリーになったばかりですしこれは仕方がありません。

さて笠井信輔アナウンサーの病名は悪性リンパ腫ということが報じられていますが、正式な病名はかなり長ったらしいもので「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」というものです。

 

これだけではどういうガンなのか想像がつきませんがともかく「血液のガン」ということです。

 

「血液のガン」というと「白血病」をイメージしますが、いろいろな種類のものがあるようです。

 

笠井信輔アナウンサーの場合は、全身に廻っているそうです。ですからカラダのあちこちが痛むようです。

 

血液のガンですから「全身に廻る」というのは、ものすごく理解できます。血液は全身にくまなく廻っているものですから。

 

最近になって

・トイレが近くなった(頻尿)

・腰が痛くなった

などの異変を感じていたものの、フリーになる過程で、いろいろ忙しく、疲れから来ているのだと思っていたようです。

 

でも、そこで検査を受けたことが良かったのです。普通ですと頻尿と腰の痛みくらいでは、病院にいかないで「年齢のせい」と勝手に判断して病院には行かないものです。

 

だれだって病院に行って検査を受けるのは嫌なものですし、なにか予期せぬ事態が判明することを避けたくなる心理がありますから。

 

年齢からくる前立腺肥大だと思っていたようですが…まさかのガン告知…

 

実際、最初の診断では「前立腺肥大」だったそうですが、念のためMRIでの検査をしたところ、ガンだとわかったようです。

 

ここらへんの過程は、なんとも運がいいというか…念のためではなかったらもう少し進行していたでしょうね。

 

現在のところ、笠井信輔アナウンサーの症状は、カラダの痛みの箇所が日々変わっているとのこと。

 

笠井信輔アナウンサーの主治医は、この病気は誰がなってもおかしくない病気と言われたそうです。

 

いまガン患者は多いすからね。

 

さてこの病気の原因ですが、古巣フジテレビで語っていたなかで、「睡眠不足」があがりました。

 

おなじ番組で共演していた別のリポーターさんが「睡眠不足」が原因では?と振ったら、笠井アナは驚きながらも「睡眠不足」は考えられるというニュアンスを示していました。

 

笠井アナにとって「睡眠不足」はかなり思いいたることがあるようです。

 

たかが睡眠不足と軽く見るのはいけません。睡眠不足が続けば、免疫力の低下にもつながるでしょう。

 

調べてみると

がんと睡眠  睡眠ががんを防ぐか

睡眠不足はがん細胞増殖手助け

睡眠不足でがんのリスクは6倍に

寝不足の蓄積で前立腺がん4割・乳がんが7割増

詳しいメカニズムは上記のリンク先を読んでもらうことにして要するに睡眠が6時間を切るとがんリスクは高まる!ということです!

 

 

たしか寝ている間に、微小ながん細胞?が殺されているという話がありますので、睡眠不足は、その面からもみてもとてもマズイことですね。

 
睡眠負債 『ちょっと寝不足』が命を縮める (朝日新書)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笠井アナというと、新人アナのころからテレビで見ていました。最初はずいぶんと童顔の人だなという印象でしたが、それから30年近くたってもそんなにかわりませんね(笑)

 

むかし、笠井アナが実家?で「子供の頃こうやって寝ていた!」とか「お母さん?にこうやって起こしてもらった!」とかご自身で無邪気に説明している姿を思い出します。

 

なぜだかわかりませんが、そのことをおぼえています。あと思い出すことといえば、「笑っていいとも」にゲストで出たとき「シルエット」でゲストが誰だか当てるというコーナーで、そのシルエットが、歪んでいる?カラダ全体が傾いているというか、変わった登場の仕方をだったのを、おぼえています。

 

なんでそんなことを憶えているのか自分でも不思議ですが、なにか笠井アナのなにかが脳に引っかかったのでしょう(笑)

 

これから抗がん剤治療だそうですが、近年、抗がん剤治療やがん治療そのものが飛躍的にレベルアップしたそうで、たぶん笠井アナはその恩恵をうけて見事に現場復帰してくれるでしょう!

 

ガンの治療法がレベルアップしたことは嬉しいのですが、それに比例するように多種多様なガンが増えているような気がします…