八木亜希子さんが体の不調が続いていたそうで、医者に診てもらったところ、「線維筋痛症」という聞き慣れない病名の診断をされました。

線維筋痛症は身体中に激痛う出る病気だということで、ちょこっとの間
入院して、それから病院に通って治療を継続するようです。

この聞き慣れない線維筋痛症は、普通なら痛みを感じられないような
些細なこと、たとえば服が擦れるなどでも痛みを感じるそうです。

ものすごくデリケートな病気だということがわかります。
要するに全身が知覚過敏のようなものでしょうか?

知覚過敏って歯の症状で聞いたことありますよね。
CMでもよく聞きますが…

それの全身版でしょうか?

ともかく、厄介な病気にかかったものです。
この線維筋痛症は日本国内で推計200万人も存在しています。
圧倒的に女性の患者が多いようです。

30代から50代が多い年齢帯ということで
現在54歳の八木亜希子さんはそれに見事に
当てはまりますね。

この病気ですが、原因がわからないんだそうです。

現在、線維筋痛症に悩む方によりますと
痛みにもいろいろなバリエーションがあるようで
殴られるような痛み
重い痛み
ガラスが刺さるような痛み
などなかなか深刻な症状に見舞われているそうです。

現在は、薬とか週2回の麻酔注射をして
生活しているそうです。

ただこの麻酔注射は40箇所だそうです。
全身の40箇所から痛みを発するということです。

40箇所に注射をするのは
ものすごいものすごいストレスになるでしょう!

たぶん病院に行くのが嫌になってくるでしょうね。

ワイドショーにゲストで出ていた専門医によると
ストレスが原因として考えられるとのこと…

現に、この線維筋痛症の治療で抗うつ薬を使うそうですから
なるほどストレスとの関連があるのかもしれません。

 

寝付けない方や不安が多い方はのぞいてみてね
心のサプリ「ヌーススピリッツ」